ホーム > 会社情報 > CSR活動 > 安全保障貿易管理の取り組み

安全保障貿易管理の取り組み

安全保障貿易管理:該非判定について

該非判定とは、「外国為替および外国貿易法(以下、外為法)」の輸出貿易管理令(以下、輸出令)別表第1、別表第2および外国為替令(以下、外為令)別表で規制されている貨物・技術にあたるかどうかを判定することをいいます。
弊社では、お客様の輸出通関用、社内管理用の資料として、弊社製品の該非判定結果を掲載しております。下記の説明事項を必ずご一読の上、ご利用くださいますようお願い致します。

掲載対象製品について

当ホームページに掲載している製品および取扱い商品は、以下の通りです。

1.製造ソリューション(生産革新)

  • 1.Wonderware Intouch Runtime

2.製造ソリューション(画像処理)

  • 1.MATROXソフトウェア
  • 2.RobustFinder

3.セキュリティーソリューション

  • 1.ESETセキュリティ ソフトウェア シリーズ(ウイルス対策製品、HDD暗号化製品)

4.EDI

  • 1.EDI-Masterシリーズ

5.開発基盤ソリューション

  • 1.Web Performer

リストの更新は、法令改正時以外は不定期に行っております。
WEBに掲載のない弊社製品および弊社取扱い商品につきましては、弊社担当営業までお問い合わせください。

注意事項

弊社製品および弊社取扱い商品は、日本国内での使用を前提に国内の各種法規および電源電圧条件に対応した製品となっております。従いまして、海外でのご使用により、安全上や品質上の問題、あるいは各国における規制への未対応などの問題が起こりましても、弊社は責任を負いかねます。また、海外での弊社製品に対するサービス(修理、点検、消耗品の供給など)の提供につきましても対応いたしかねます。(海外保証サービス対象製品は除きます。)

弊社製品および弊社取扱い商品を輸出する場合は、お客様の責任において外為法およびこれらに係る政省令を遵守いただきますようお願い致します。また、発行する該非判定書は、弊社が確認できる限りにおいて外為法に照らして判定した結果を記載したものであり、政府機関から輸出の許可が得られることを保証するものではありません。

該非判定結果リストについて

該非判定結果リストは、最新の外為法の輸出令の別表第1の1~15項、別表第2の1~45項、外為令別表の1~15項について判定した結果を型式ごとに記載しております。判定結果は、以下のように区分しております。

区分 内容
該当 規制対象品目であり、且つ、規制スペックを超えているもの
非該当 規制対象品目であるが規制スペックには及ばないもの、または、規制対象品目ではないもの

該当、非該当ともに「判定項番を記載」しております。
輸出通関用資料としてご利用の場合は、PDFを印刷の上、対象製品の「輸出対象」欄にマークをしてご使用ください。このリストをもって、該非判定書とさせていただきます。

米国輸出管理規則の扱いについて

該非判定結果リストに掲載している商品は、輸出先国/地域が米国輸出管理規則で定める禁輸国および制裁対象国である、キューバ、イラン、朝鮮民主主義人民共和国、スーダン、シリア、ウクライナのクリミア地域以外の場合、同規則における米国政府の許可は不要です。

該非判定結果リスト

提供している該非判定結果リスト(PDFファイル)の一覧です。PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

本ご案内内容に関してのお問い合わせ先

キヤノンITソリューションズ株式会社 輸出管理部門
キヤノンマーケティングジャパン株式会社
TEL:03-6719-9085

ホーム > 会社情報 > CSR活動 > 安全保障貿易管理の取り組み