ホーム > トピックス > イベント・セミナーレポート > 「"データ活用"でDXへの第一歩 -ローコード開発+AI-」を開催
  • イベント・セミナーレポート

「"データ活用"でDXへの第一歩 -ローコード開発+AI-」を開催

開催日:2019年9月19日「木曜日」
会場:東京コンファレンスセンター


ビジネス活性化に向けて、多くの企業はデータを活用する仕組みを検討し、全社的な業務改善や売上拡大を目指しています。

「

データを有効的に活用しながら業務改善・ビジネス拡大を進める上での問題や、その解決方法を伝えるべく、株式会社シグマクシス様、DataRobot Japan様との協賛にてセミナーを開催しました。
DX実現のために、「ローコード開発」や「AI」へに取り組み試行錯誤し、そこで習得されたノウハウをご紹介するセミナーは大変好評で、100名近くのお客さまにご来場いただきました。
「Web Performer」事例セッションでは、ウシオ電機株式会社様に、工場の生産性や製品の品質向上のために構築されたデータ収集・蓄積プラットフォーム「EagleEye」についてご紹介いただきました。
製造実績、検査結果など蓄積したデータを可視化できるようになっただけでなく、BIツールで分析し、品質向上に向けた検証・改善を繰り返すPDCAサイクルを素早く回す体制作りに成功された事例は、ご参加いただいたお客さまにも大変好評で、

  • 早期に基盤のクラウド移行を果たし、スピーディーに現場ニーズにあった開発をされていることに感銘を受けました。
  • パッケージのカスタマイズより、Web Performerでスクラッチした方がコスト的にメリットがあるように感じました。

などの感想をいただきました。

DataRobot Japan様からは製造業でのAIを活用した業務変革、ビジネス創出の成功事例をご登壇いただき、お客さまからは

  • AI利用のハードルを格段に下げる素晴らしいツールだと直感しました。
  • 機械学習でできることが良く理解できました。

などのご感想をいただきました。

今後も皆さまの業務効率化、イノベーション創出につながるようなイベントを企画いたしますので、ぜひご期待/ご参加ください。

関連するソリューション・製品

ホーム > トピックス > イベント・セミナーレポート > 「"データ活用"でDXへの第一歩 -ローコード開発+AI-」を開催