ホーム > トピックス > コラム > 【品質管理部門×DX】
歩留まり向上、検査の省力化などにAIを活用するための第一歩
DX推進の礎となる“データプレパレーション” のイロハ
  • コラム

【品質管理部門×DX】
歩留まり向上、検査の省力化などにAIを活用するための第一歩
DX推進の礎となる“データプレパレーション” のイロハ

イメージ画像

多くの企業がデジタル技術を活用してビジネスモデルの変革を図るDX化に向けた取り組みを加速させています。製品の品質を確保・向上する品質管理部門においては、データをどう活用すべきなのでしょうか。品質管理部門におけるデータ活用の現在と、機械学習などAI技術を活用するために必要な環境づくりのポイントを見ていきます。

目次

  • 1.品質管理部門における現在の状況
  • 2.品質管理におけるデジタル技術活用の今
  • 3.品質管理部門におけるデジタライゼーションは絶好のチャンス
  • 4.品質管理にAIを適用することで何ができるのか
  • 5.AIを活用するために欠かせない“前処理”の重要性
  • 6.データの前処理に最適な方法とは
  • 7.データプレパレーションツールの選び方

関連するソリューション・製品

ホーム > トピックス > コラム > 【品質管理部門×DX】
歩留まり向上、検査の省力化などにAIを活用するための第一歩
DX推進の礎となる“データプレパレーション” のイロハ