ホーム > 事例紹介 > 東急不動産株式会社様
ホーム > 事例紹介 > 業種別から探す > 不動産事例一覧 > 東急不動産株式会社様

東急不動産株式会社様

レガシーシステムのマイグレーションで得たものは、品質、スピード、そして要件定義のスキルだった。

  • 顧客満足度向上
  • 製品・サービス品質の向上
  • リードタイム短縮
  • コスト削減
  • 設備・資産の有効活用
  • システム開発工数の削減
東急不動産株式会社様

東急グループの中核企業、東急不動産株式会社。その多彩な業務を支援する財務統括部IT推進部が、多種多様なレガシーシステムのオープン化に取り組んだ。既存のパッケージ製品やASPでは、ユーザーの要望にきめ細かく対応することは困難。スピード・コスト・品質・保守性に優れた開発ツールとして選ばれたのは、ノンプログラミングのWeb Performerだった。
Web Performerの導入は、Webアプリケーションの内製を可能にし、外部委託開発の効率化も実現。数多くの開発プロジェクトに活用する中で、IT推進部は高度な要件定義スキルをも獲得した。

導入ソリューション
導入製品

お客様データ

社名:東急不動産株式会社
従業員数:559名(2013年3月31日現在)

お客さまのご要望

  • 汎用機、VBA 等で内製されたレガシーシステムをオープン化したい。
  • レガシーシステムの機能特性や使い勝手は維持し、ユーザーニーズにもきめ細かく対応したい。
  • 開発コストと配布コストを抑え、高品質も追求したい。

お客さまが実現できたこと

  • Javaのエキスパート不在でも、レガシーシステムを効率的にオープン化した。
  • 開発のコスト、品質、効率を改善。内製、外部委託を問わず開発コンピテンシーが高まった。
  • 要件定義のスキルが高まり、業務の品質向上と効率化を達成。ユーザーの信頼も得た。

導入いただいたソリューション・製品

ホーム > 事例紹介 > 東急不動産株式会社様
ホーム > 事例紹介 > 業種別から探す > 不動産事例一覧 > 東急不動産株式会社様