ホーム > 事例紹介 > ライゾマティクス様

ライゾマティクス様

「没入型パフォーマンス」複合施設オープニングイベントに活用

  • 顧客満足度向上
  • 営業・販売力強化
「没入型パフォーマンス」複合施設オープニングイベントに活用

2023年10月6日(金)、虎ノ門ヒルズ「ステーションタワー」の最上部に新しい情報発信拠点「TOKYO NODE」が誕生しました。そのオープニングイベントにて、アーティスト・真鍋大度とエンジニア/アーティスト・石橋素が主宰するクリエイティブチーム「Rhizomatiks」×演出振付家・MIKIKO率いるダンスカンパニー「ELEVENPLAY」による没入型パフォーマンス「“Syn : 身体感覚の新たな地平”」が披露されました。

本パフォーマンスの演出にあたり、MR用ヘッドマウントディスプレイ「MREAL X1」が採用され、14台のMREALおよびシステム協力をしました。
「MREAL」の特長である、現実映像とCG映像を違和感なく融合させる技術は、本作品の壮大な物語の中で高い臨場感と創造的な空間を提供します。
フルCG映像のVRでは味わえない現実のピアノと水面の波紋と CGで合成されたダンサーの動きが見事に融合されています。
「Rhizomatiks」×「ELEVENPLAY」が描く世界と、キヤノンの技術が融合した先進のパフォーマンスを多くの方にご体験いただきました。

導入ソリューション

お客さまが実現できたこと

  • 気軽にディスプレイの取り外しができるため、提供したい仕掛けや演出を表現することができた
  • MRデバイスを使うことで現実世界と仮想世界を組み合わせ、幅広い人々が楽しめる展示ができた

お客さまのご要望

  • VRでは味わえない肉眼で見える現実の展示と、MRを通して見えるもう一つの世界を表現したい
  • MRを使うことで、没入感や目新しさなど、新たな魅力を感じさせたい

関連利用シーン

導入いただいたソリューション・製品

ホーム > 事例紹介 > ライゾマティクス様