ホーム > 事例紹介 > 株式会社 LIXIL様
ホーム > 事例紹介 > 業種別から探す > 製造業事例一覧 > 株式会社 LIXIL様

株式会社 LIXIL様

Micro Focus Enterprise Serverの活用で、高精度かつ高品質なマイグレーションを実現。

  • コスト削減
  • 設備・資産の有効活用
  • システム開発工数の削減

建築材料・設備機器業界の最大手 LIXIL 。他社に先駆けて導入した多くのメインフレームがレガシー化し、維持費用も高いことから、脱ホストを推進することになった。脱ホストにあたってはリホスト(ストレートコンバージョン)を選択。その中ではDBアクセスのコーディングと独自の簡易言語(RSP-COBOL)をそのまま使用したかったことがあり、またサードベンダ製特殊ユーティリティで開発された膨大なプログラムを確実に変換する必要があった。
そうした課題を解決したのがキヤノン IT ソリューションズのホストマイグレーション。柔軟な発想と、豊富な知識・経験で、課題を解決した。カットオーバー前のホストとの並行稼働では、ホストからのデータ移行や処理後出力ファイルのコンペアを自動的に行う仕組みを構築し、工数削減と確実な品質検証を行うことができた。
その結果、安心感をもってカットオーバーを迎えることができた。また高精度なツールによりDBMS/JCL等のホスト資産が自動的に移行でき、カットオーバー後の不具合はゼロ件であった。

お客様データ

社名:株式会社LIXIL
従業員数:14,295名(2016年3月31日現在)

お客さまが実現できたこと

  • 通常の方法ではコンバージョンが難しい、独自の開発言語とサードベンダ製特殊ユーティリティによるプログラムにも対応できた。
  • 上流工程での移行性検証や、余裕ある並行稼働で、安心してマイグレーションを進められた。
  • お客様側の開発負荷を抑制し、お客様は他の業務と並行してマイグレーションを進められた。

お客さまのご要望

  • コンバージョンが難しいプログラムも、高精度にマイグレーションしたい。
  • 信頼感のある会社に開発業務を託して、安心してマイグレーションを進めたい。
  • 他にも多くの業務があり、自社側のマイグレーション工数はできる限り抑制したい。

導入いただいたソリューション

  • 事例や製品に関するお問い合わせはお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせ
ホーム > 事例紹介 > 株式会社 LIXIL様
ホーム > 事例紹介 > 業種別から探す > 製造業事例一覧 > 株式会社 LIXIL様