ホーム > 事例紹介 > 三菱商事株式会社様
ホーム > ソリューション・製品 > EDI > 導入事例 > 三菱商事株式会社様
ホーム > ソリューション・製品 > EDI > 導入事例 > 三菱商事株式会社様

三菱商事株式会社様

第6次NACCSと連携し、輸出入に必要な手続きをシステム化。業務の可視化と効率化を実現

  • 顧客満足度向上
  • 海外事業リスクの低減
  • 事務生産性向上
  • コスト削減
三菱商事株式会社様

三菱商事株式会社は、地球環境・インフラ事業、新産業金融事業、エネルギー事業、金属、機械、化学品、生活産業といった7つ事業グループを有し、世界約90カ国に約200の拠点、約1,200社の連結対象会社を持つ最大の総合商社である。
三菱商事株式会社では、キヤノンITソリューションズの貿易EDIシステム EDI-Master DEX for Tradeを使って貿易管理システム「Trade Portal」を構築し、輸出貿易文書作成や通関実績統計に利用していたが、第6次NACCS稼働にあわせて、「Trade PortalⅡ」に改修。輸入文書作成、担保残高照会、関税割当、保険確認等の機能を追加し、2017年10月から運用を開始した。輸出入取引に必要な書類を確実に作成したり、貿易取引の分析資料を作成したりできるようになり、業務の効率化と可視化が進んだと評価されている。

導入ソリューション
導入製品

お客様データ

社名:三菱商事株式会社
従業員数:77,164名(連結ベース 2017年3月31日現在)

お客さまが実現できたこと

  • 輸出入取引に必要な文書作成業務の品質向上と進捗の可視化ができた。
  • システム基盤のクラウド移行により、運用コストの大幅セーブができた。
  • 許可データから、実績の各種統計と比較や、FTAの影響等経営資料の迅速な作成が可能となった。

お客さまのご要望

  • 業務の品質の向上と効率化を同時に進めたい。
  • システム運用にかかるコストを削減したい。
  • 自社の通関情報を蓄積し、経営分析に活用したい。

導入いただいたソリューション・製品

  • 事例や製品に関するお問い合わせはお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせ
ホーム > 事例紹介 > 三菱商事株式会社様
ホーム > ソリューション・製品 > EDI > 導入事例 > 三菱商事株式会社様
ホーム > ソリューション・製品 > EDI > 導入事例 > 三菱商事株式会社様