ホーム > 事例紹介 > 株式会社丸久小山園様
ホーム > 事例紹介 > 業種別から探す > 製造業事例一覧 > 株式会社丸久小山園様
ホーム > 事例紹介 > 部門別から探す > 経営企画事例一覧 > 株式会社丸久小山園様

株式会社丸久小山園様

正規品判定とトレーサビリティで悪質業者の不正を防ぐ
江戸時代から続くブランドを保護

  • 顧客満足度向上
  • ブランドイメージ向上
  • 海外事業リスクの低減
  • トレーサビリティの確保
  • 営業・販売力強化
株式会社丸久小山園様

健康志向の高まりとともに、中国で過熱している日本茶ブーム。日本茶を代表するブランド茶「宇治茶」は人気が高く、「丸久小山園」の名が宇治茶ブランドとして浸透している。そうした背景もあり、中国市場への正規輸出を行う以前から、同社の商品は模倣品を含む非正規品が中国市場に出まわっていた。そこで導入に踏み切ったのが、キヤノンITソリューションズの正規品判定クラウドサービス「C2V Connected」である。パッケージに貼り付けた2 次元バーコードを読み取るだけで、エンドユーザーが正規品判定を行える。また、出荷情報と2 次元バーコードの読み取り情報をひも付ければ、流通経路をトレースして、不正流通を行う業者の特定に役立てることも可能。実際、疑わしい商品をピックアップして追跡調査を行い、悪質な業者に対して警告を行うケースも生まれている。

導入製品

お客様データ

株式会社丸久小山園
設立:1964年2月(株式会社に改組)
従業員数:90名

お客さまが実現できたこと

  • 正規品判定の仕組みでお客様に安心を提供
  • 流通経路のトレースにより、不正流通を行う業者の特定、注意勧告が可能になった
  • 同社ブランド、宇治茶に対するブランドイメージの棄損を防ぐ

お客さまのご要望

  • 当園の商品を愛飲してくれるお客様に、高品質のお茶を間違いなく届けたい
  • 流通経路をトレースすることで、不正流通の根を絶ちたい
  • システムの導入で、模倣品・不正流通の抑止力を向上させたい

導入いただいたソリューション・製品

ホーム > 事例紹介 > 株式会社丸久小山園様
ホーム > 事例紹介 > 業種別から探す > 製造業事例一覧 > 株式会社丸久小山園様
ホーム > 事例紹介 > 部門別から探す > 経営企画事例一覧 > 株式会社丸久小山園様