ホーム > 事例紹介 > NOK株式会社様

NOK株式会社様

オイルシールメーカー 設計効率を向上するため3D CADを導入

  • 製品・サービス品質の向上
  • リードタイム短縮
  • 試作レス・検品レス
  • コスト削減
導入ソリューション

お客様データ

NOK株式会社
事業内容 シール製品、工業用機能部品、油空圧機器、プラント機器、原子力機器、合成化学製品、エレクトロニクス製品、その他の製造・仕入・輸入・販売並びに機械器具設置工事等上記に付帯する業務
従業員数 36,802名(連結/2009年12月現在)

お客さまが実現できたこと

  • 個々のお客さま環境に合わせた3Dデータ授受ができるようになり、業務効率が向上した
  • 3次元化により、設計者CAEも行えるようになるなど設計効率向上を実現し、工期短縮に貢献
  • 3次元化を核に、製品を巡るあらゆるシーンをカバーするものづくり文化の形成が進み始めた

お客さまのご要望

  • 取引先の自動車メーカー各社が要求する、品質の保証された3Dデータ納品を実現したい
  • 3D CAD移行によって、設計者CAEの実施など、さらなる設計効率の向上を目指したい
  • ナレッジ共有やデータ蓄積・流用など、ツールとしての本格的な3D CAD活用を推進したい

3D CAD導入の経緯

日本初のオイルシールメーカーであるNOK株式会社は、自動車のエンジンなどで、回転軸部からのオイル漏れや外部からのほこりの侵入を防止するオイルシール、Oリングをはじめとする製品を生産し、自動車業界をはじめとする広範な産業界に、高機能部品を提供しています。

同社では、顧客企業から3Dデータの提出を求められ始めたことを契機に、2次元からの脱却を目指し、3次元への全面転換を決定し、データ変換の柔軟性などを重視し3D CADを選定・導入しました。その後カスタマイズを排して、基本機能を徹底的に使いこなす工夫で設計者ニーズに応えながら、生産性の向上と顧客コミュニケーションの活性化を図ります。現在は、設計者が3D CADを日々のツールとして使いこなし、3Dデータの蓄積・共有などから設計品質向上・工数低減につなげていく新たな設計文化醸成に挑んでいます。

改善のポイント

立体形状が視覚化されることによって、新たな「気づき」や設計者同士の協調体制が生まれています。さらに、同一の3Dデータを核に、製品を巡るあらゆるシーンをカバーするものづくり文化の形成も進んでいます。

この事例のダウンロードはこちら

導入いただいたソリューション・製品

ホーム > 事例紹介 > NOK株式会社様