要件管理から変更・構成管理、テスト管理及び実装管理など、アプリケーション・ライフサイクル全般を総合的にサポート

Integrityはソフトウェア開発におけるプロセスと成果物を管理可能で、開発部門やIT部門における生産性や品質向上に寄与するALM(Application Lifecycle Management)プラットフォームです。
Integrityは、アプリケーション・ライフサイクルのすべての工程のプロセスとワークフローを定義して、プロセスに従ったアプリケーション開発を実現することが可能となります。開発プロジェクトを可視化することができ、迅速かつ正確な問題把握やコンプライアンス対策にも役立ちます。

Integrityは単一のデータベースに管理対象となるすべてのデータ(承認履歴、誰が、いつ何を行ったのかといった作業ログ、各作業の内容、ソースコードや議事録といったファイル類)を格納します。

管理対象となるすべてのデータをシングルリポジトリに保管・管理

管理対象となるすべてのデータをシングルリポジトリに保管・管理

  • ソフトウェア開発の生産性/品質の向上を実現したい。
  • IT全般統制への対応が必要。
  • 組込みソフトの開発で機能安全規格への対応が必要。
  • 変更要求と作業対象となるソースファイルやドキュメントを紐づけた管理に対応Integrityは、従来、個別に管理されていた各種作業要求と作業対象となるソースファイルやドキュメントといった成果物を紐づけて管理することできます。
  • 柔軟な設計Integrityはオープンな開発工程管理統合ソリューションです。Integrityのもつ柔軟な各種機能をお客さまの開発プロセスや運用方式に合わせて設定することにより、お客さまの環境やプロセスに対応した開発工程管理を行うことが可能となります。
  • オープン系から汎用機まで一元管理が可能にIntegrityはWindowsやUNIXといったオープン系の各種プラットフォームの構成管理に対応しています。さらに、IBM i (System i, AS/400)のソフトウェア構成管理ソフト・IMPLEMENTERと連動させることによりIBM i (System i, AS/400)からオープン系まで様々なプラットフォームが混在したシステム環境の開発プロジェクトの一元管理が可能となります。

ワークフロー表示画面

ワークフロー管理

ドラッグ・アンド・ドロップで作業単位でワークフローの設定することができます。それにより、開発作業および承認プロセスの標準化を徹底することができます。

WBS形式で表示

プロジェクト管理

開発のきっかけとなる要求とそれに基づく各種タスク(作業)のつながりをWBSツリー形式で可視的に管理することで、効率を高めることができます。さらに、複数の要求に紐づくタスク(作業)を表現することもできます。

グラフ表示機能

ダッシュボード機能

開発プロジェクトの状況をダイナミックにグラフ表示させることにより、現場の状況を的確に把握したうえでの意思決定をサポートします。

バージョンツリー

ソフトウェア変更管理・構成管理

構成管理だけでなく、変更の要求と作業対象となるファイル(ソースコード等)を紐づけた管理が可能となりトレースが容易となります。
単体およびプログラム構成単位での変更の履歴をビジュアルで管理でき、さらにプログラムのコンポーネント化によりソフトウェアの再利用が容易に行え、効率を高めることができます。

製品関連情報開く

この製品に関連するソリューション

  • ALM ソフトウェア開発の全工程を一元管理