プログラム変更管理をより最適化するために開発現場の効率化・管理強化をサポート

「IMPLEMENTER」はIBM i(AS/400)で日々業務アプリケーションプログラムの変更作業を行っているお客さま向けの製品です。
IT部門には常に効率化が課せられていますが、「変更管理」を標準化することで属人化を排除するとともに、作業の効率化・可視化を実現します。開発現場の課題を解決し、さらに付加価値のある機能を利用することで業務の最適化にお役立ていただけます。

お客さまのマシン構成、ライブラリー構成に応じてIMPLEMENTERを設定します

IMPLEMENTERの構成

IMPLEMENTERの構成

  • 内部統制、システム監査等の運用はできているとは言え、負荷がかかっている。
  • 変更管理の標準はあるが、ルールが徹底できていないので属人化してしまいがちである。
  • 本番移行作業に時間がかかっている。移行ミスも時々ある。
  • メンバーアクション、移行履歴などの各履歴情報を収集ソースメンバーのアクション(チェックアウト、ソース編集、コンパイル、移行など)、移行履歴およびソースメンバーバックアップ履歴を自動的に記録します。履歴情報の蓄積を自動化することで、人手を介さず信憑性のある証跡データが収集できます。よって過去の履歴参照が容易になります。
  • ユーザー単位のアクセス制御ユーザー単位の操作制御や各アプリケーション環境へのアクセス制御を設定することができます。ロールに応じた制御をすることで、より保全性の高い変更管理を行います。
  • 手作業で行っていることを自動化本番移行処理(複数本番区画への一括送信、コンパイル、ソースメンバーバックアップなど)を簡素化できます。さらに、自社独自の運用ルールをプログラム化し、『特殊コマンド』に組み込むことで自動実行することができます。
  • ワークフロー連携変更管理の上流工程(ユーザー部門:依頼書起票~)から下流工程(情報システム部門:開発~)までを管理するために、ワークフローと連携して変更管理をトータル的に管理することができます。IntegrityおよびWeb Plantとの連携実績があります。

証跡参照画面

証跡参照画面

内部統制対応の証跡管理として利用できます。過去に遡り「いつ」、「誰が」:ユーザーID、「なぜ」:プロジェクト、「何を」:プログラムを移行したのか参照することができます。管理番号単位での参照はもちろんのこと、プログラム単位での参照もできます

開発専用画面

開発専用画面

担当者がプログラムの変更作業、移行作業等を行うための画面です。当画面には変更中のプログラム含め、物理ファイル、論理ファイルなど全て表示されます。また、フィルター機能を利用することで、条件に合致するメンバーを照会することができます。
・何を変更しているのか
・誰が変更していて、現在どんな状況なのか
などを可視化します。

ワークフロー連携(Web Plant/Integrityなど)

IMPLEMENTERは変更管理の下流工程(プログラム改修~本番移行)を管理するツールです。上流工程(ユーザー部門起票~)からの管理を実現するためにワークフローと連携することで変更管理をトータル的に運用しています。

証跡情報の利用(Web照会/レポート出力など)

IMPLEMENTER標準機能として、証跡の照会は5250エミュレータからのみです。いつでもどこでも証跡情報が確認できるように、IMPLEMENTERに蓄積される証跡情報をWebで照会しています。
夜間バッチ処理終了後に、その日に本番移行されたプログラムを一覧でレポート出力して、翌朝チェックしています。

オープン系ファイル(java/Cなど)も含め一元管理

変更管理ツール(ワークフロー、承認、証跡)としてIntegrityを利用します。全体的なワークフローはIntegrityで管理できます。下流工程(プログラム改修~本番移行)でオープン系のアプリケーション変更時にはIntegrityを、IBM i系のアプリケーション変更時にはMPLEMENTERを利用しています。

製品関連情報開く

この製品に関連するソリューション

  • ALM ソフトウェア開発の全工程を一元管理
  • IBMi(AS/400) IBMi(AS/400)の開発から保守までお任せください