ホーム > 会社情報 > 品質への取り組み > プロジェクト監理・品質監理

プロジェクト監理・品質監理

品質・生産性向上の重点施策

品質を確保し、さらに品質及び生産性を向上させるため、業務を進める際のルールや手順を定めた『品質マネジメントシステム』を構築しています。その中で特に「お客さま満足」「プロジェクト監理」「品質監理」を重点施策として、仕組みの強化と活動の推進を行っています。

お客さま満足

製品やサービスが、お客さまの要望にお応えできることを第一に考えます。 満足度調査により、製品の使いやすさをはじめ、お客さまとのコミュニケーションについてなど、どのように感じているかをお聞きし、お客さまのご不満を解消するために必要な改善活動を実施しています。

お客さま満足度調査体系

プロジェクト監理

「監視機能」と「推進・支援機能」の両面からプロジェクトの活動を監理します。
P M O が行うレビューにより問題を早期発見し、的確なアドバイスを行うことで早期解決を推進します。

プロジェクトレビュー体系

大規模プロジェクトをマネジメントする能力を認定する「認定PM制度」を設け、プロジェクトレビューでの管理状況と実績を踏まえて候補者を選定し、面接によって認定を行っています。

品質監理

独自の品質マネジメントシステムを会社全体に適用し運用することで、品質向上や品質保証に向けた課題の解決と継続的な改善を実施しています。

品質マネジメントシステム推進体制

システムエンジニア(SE)人材育成

SEに対する基礎的な技術の習得、高度な技術の習得を目的とした人材育成を継続的に行っています。
代表例の一つは選抜研修の「千尋の谷」研修です。この名称は獅子の子落としに由来し、SEが自力でプロジェクトという千尋の谷から這い上がれる事を目指す実践的な研修です。
他には開発現場の中堅や若手が気軽に参加し、新しい気づきやノウハウを持帰り、更にはそれぞれの開発現場に拡がって行くことを目指して、オープンセミナを定期的に開催しています。

エンハンスメント業務革新

情報システムは稼動後の保守や維持だけではなく、お客さまのビジネスの発展や業務要件の変化、制度の変更などにより、システムをより強く、より良くしていく必要があります。このような業務をエンハンスメント業務と呼び、お客さまとの関係強化と現場の継続的な改善・革新活動を推進しています。

システム開発革新

変化の激しい環境の中、お客さまのビジネス価値の向上を担う情報システムも、品質やセキュリティを保持したまま、より効率的に、より短期間に、さらに必要に応じて柔軟に開発していくことが求められます。変革するビジネスに対応するために「レガシー開発からモダン開発へ」をテーマに重要性の高い分野に焦点を当て取り組んでいます。

ツール活用ノウハウの蓄積と展開

品質や生産性の向上を目的として先進的なツールを評価・導入し、開発現場に対してコンサルティングや導入支援によってその活用を推進しています。また、ツールの活用を通じて得られた現場のノウハウを会社として蓄積し、それを水平展開できるようにしています。

ツール活用支援体制

アジャイル型開発の支援

アジャイル型の開発では、お客さまのビジネス価値に重点を置き、より重要で価値のあるものから順に開発・検証してリリースすることにより、お客さまのキャッシュフローとROIの改善を促進します。特に要件の変化が見込まれるもの、段階的にリリースして収益が得られるもの、早くリスクを明確にして実現可能性を検証したいものなど、アジャイル型開発に合った案件に対して的確に対応できるよう、知見あるアジャイル開発支援チームが現場をサポートしています。

オープンソースソフトウエア(OSS)の積極的な活用

お客さまのご要望に迅速にお応えするため、またコストを抑えて品質の高いシステムを構築するために、OSSの積極的な活用を推進します。優れたOSSを稼動環境と共に構築し、安全に利用できるよう、現場への支援を行っています。

国際標準の品質

実務プロセスを基本とした国際的な品質マネジメントシステムの認証を取得しています。今後もより良い品質の製品やサービスを提供できるよう、強化改善を図ります。

ISO 9001:2015

キヤノンITソリューションズ株式会社 ※部門取得

CMMI-DEV:Ver.1.3 Maturity Level 4

クオリサイトテクノロジーズ株式会社 ※部門達成

ISO 20000:2011

キヤノンITソリューションズ株式会社 ※部門取得


品監という文字に込めた想い
「プロジェクト監理」、「品質監理」には、「管理」ではなく「監理」という言葉を用いています。 これは、「監」という文字の下の“皿”という部分が、目を横にした形であることから「体を横にして天井から覗き込む」、「やさしくみつめる」 と解釈し、現場に寄り添いながら「監理」していくこと、現場の管理も「監理」していく、という思いを込めています。

ホーム > 会社情報 > 品質への取り組み > プロジェクト監理・品質監理