ホーム > 会社情報 > CSR活動 > ダイバーシティ

ダイバーシティ

キヤノンITソリューションズ(以下、キヤノンITS)は、仕事と家庭との両立を支援し「社員がいきいきと輝く企業」を目指すことにより、多様な人材が活躍できる企業風土を醸成しています。

仕事と育児・介護の両立を図る環境づくり

従業員が仕事と育児・介護の両立を図り、いきいきと働くことのできる環境づくりのため、キャリアプランや生活環境、ライフイベントに合わせた働き方をサポートするさまざまな制度を導入しています。

従業員を支える制度
マタニティ休業 妊娠が判明した社員の母性を保護するために、本人が申し出た希望日から産前休暇開始日の前日まで取得することができます。
産前産後休暇 産前6週間、産後8週間
育児休業 産後休暇後、子供の養育に専念するために、最大で満3歳になるまで取得することができます。
育児介護短時間勤務 最大で小学校3年修了まで、または介護対象家族がある場合、1日の所定の労働時間を30分単位で最長2時間まで短縮することができます。
介護休業 介護対象家族1人につき最長1年取得可能。
ジョブリターン制度 育児や介護等の一定の理由で退職を余儀なくされた社員が、復職を希望する場合に再び受け入れる制度です。社員それぞれのライフプランや多様なニーズにこたえるために出来た制度で、在籍中に培った知識や経験、技術を即戦力として活かすことが出来ます。
在宅勤務 育児や介護との両立支援のため、在宅勤務を行える制度があります。

自主行動計画の公表

キヤノンITSでは、社員が充実した職業生活を営むことができるよう、「次世代育成支援に関する自主行動計画」と、「女性の役員・管理職登用に関する自主行動計画」を策定しています。 「女性の役員・管理職登用に関する自主行動計画」は一般社団法人日本経済団体連合会の「女性活躍アクション・プラン」への賛同として、経団連のホームページで公表をしております。 目標として「2020年には管理職女性比率を現行(2014年7月時点)の2倍となるよう目指す」を掲げています。

職場復帰後の両立支援セミナー

育児休業からの復職者を対象に、仕事と育児の両立、キャリア意識の向上を目的としたセミナーを開催しています。育児休業より復職1年以内の社員と、その上司が参加をして女性が活躍できる職場についてディスカッションし互いに理解を深めます。また、育児経験のある先輩社員が登壇して、仕事と育児両立のコツや経験談などパネルディスカッションを行います。

キャリア意識の向上を目的としたセミナーを開催

先輩社員からのアドバイス

ディスカッションの様子

ディスカッションの様子

「くるみん」認定の取得

キヤノンITSは、厚生労働省より、子育て支援に積極的に取り組む企業として、「次世代育成支援認定マーク【くるみんマーク】」を2014年から取得しています。

くるみんマーク

ホーム > 会社情報 > CSR活動 > ダイバーシティ