ホーム > 事例紹介 > 学校法人 関西学院様
ホーム > 事例紹介 > 部門別から探す > 総務事例一覧 > 学校法人 関西学院様
ホーム > ソリューション・製品 > 文教 > 導入事例 > 学校法人 関西学院様
ホーム > ソリューション・製品 > 文教 > 導入事例 > 学校法人 関西学院様

学校法人 関西学院様

学内に数多くある情報システムの活用環境を新ポータル導入で最適化 モダンWebでDX戦略を急加速

  • 顧客満足度向上
  • 製品・サービス品質の向上
  • 事務生産性向上

関西学院大学では、「未来の課題は現在の課題でもある」との視座から、将来構想「Kwansei Grand Challenge 2039」を策定。創立150周年となる2039年の実現に向けて、2013年に教育・研究・マネジメントの効率化をDXで支援する情報化推進機構を設置し、革新的な情報環境の拡充を図っている。2021年夏にはその一環として、「in Campus ポータル」を導入し、より洗練された環境構築に先鞭をつけた。

導入ソリューション
導入製品

お客様データ

学校法人 関西学院
所在地 兵庫県西宮市上ケ原一番町1-155
事業内容
キリスト教主義による教育を理念に掲げ、明治22年に創立された関西学院が起源。現在は兵庫県西宮市(3拠点)と三田市、宝塚市、大阪府箕面市、大阪梅田、東京丸の内にキャンパスを設け、幼稚園から大学院までを擁する総合学園として多様な教育・研究を手掛けている。キリスト教主義教育により「“Mastery for Service(奉仕のための練達)”を体現する世界市民」の育成をスクールモットーに、地球規模の課題に挑んで解決へと導く「強さと品位」を持ったグローバルリーダーの輩出に余念がない。そんな同校では、創立150周年を迎える2039年を見据え、超長期ビジョン(ありたい姿・あるべき姿)と長期戦略(前半10年間の方向性)からなる将来構想「Kwansei Grand Challenge 2039」を策定。変化の激しい予測困難な今、そしてこれからの「時代」と対峙している。

お客さまが実現できたこと

  • Azure対応、GUIや機能追加の柔軟性、PWAなど高機能なin Campusポータルが短期&低コストでDXを実現
  • 全学内の情報システムと関連する組織や機能を、可能な限りひとつにまとめることができた
  • オンプレミスの弊害や特定ベンダー依存の縛りから解放され、革新的なDXに向けた環境が整い、今後の施策実践などにも弾みがついた

お客さまのご要望

  • LMSやポータル、ポートフォリオ、教務、授業情報など、教育の質の向上のため既設の各種システムが乱立する状況を抱えていた

導入いただいたソリューション・製品

ホーム > 事例紹介 > 学校法人 関西学院様
ホーム > 事例紹介 > 部門別から探す > 総務事例一覧 > 学校法人 関西学院様
ホーム > ソリューション・製品 > 文教 > 導入事例 > 学校法人 関西学院様
ホーム > ソリューション・製品 > 文教 > 導入事例 > 学校法人 関西学院様