ホーム > トピックス > イベント・セミナーレポート > 「国際画像機器展2021」に出展
  • イベント・セミナーレポート

「国際画像機器展2021」に出展

国際画像機器展2021ブース
ブース画像

会場:パシフィコ横浜
開催日:2021年12月1日~3日
主催 :アドコム・メディア株式会社

キヤノンITSのブースでは、昨年より好評のハイパースペクトルイメージング製品やディープラーニングを活用した最新の画像処理技術、xR活用ソリューションを展示し、コロナ禍にもかかわらず多くのお客さまにご来場いただきました。

ドイツ Baumer社製 AIスマートカメラにキヤノンITS社製 AIプラットフォーム「LaiGHT」(参考出展)を搭載した「右手・左手の識別と手の骨格推定デモ」や、HMS社製 AIスマートカメラ「SiNGRAY」の「人検知デモ」などの体験型展示に、大変ご注目いただきました。
また、ドイツLuxFlux製スペクトルデータ処理ソフトウェアの実際の操作手順デモや、カナダMatrox製画像処理ライブラリのDeep Lerning機能による分類デモは、より具体的な課題をお持ちのお客様との活発な情報交換をさせていただきました。
加えて、キヤノンMRシステム「MREAL」コーナーでは、MR用ヘッドマウントディスプレイ「MREAL S1」を使い、現実映像とCGを融合したMRの世界感を多くの方に体験いただきました。

近年、製造現場では生産設備の性能向上や検査品質の重要性の高まりから、ありとあらゆる生産設備に産業用カメラやセンサが搭載され、生産状況の見える化、自動化による業務効率化、そしてデータ分析による歩留まりの改善に活用され始めています。キヤノンITSは、30年以上にわたりマシンビジョン製品を中心に画像処理ソリューションを様々な製造現場に提供し、お客さまの抱える課題を解決してきました。

今後もハイパースペクトルイメージングやxR分野などの新技術、画像認識やAIを活用した自動化技術により、製造工程における業務の高機能化・効率化を提案し、お客さまの製品や生産プロセスの品質向上に貢献していきます。

関連するソリューション・製品

ホーム > トピックス > イベント・セミナーレポート > 「国際画像機器展2021」に出展