ホーム > ソリューション・製品 > MR > 人物合成映像システム

仮想空間中に現実の人物を3Dでリアルタイム合成表示するMREALソリューションシステム

◆正確な3D合成動画で直感的な検証作業を
MREALを用いた設計レビューや作業性検証などにおいて、仮想空間内 へ入り込んだ実在人物の全身を正しい前後関係で表示することで、体型・ 姿勢・動きなどが同時に把握でき、リアルタイムな3D合成動画を通して、より現実に近いヒューマンシミュレーションを実現。手などの部分合成に比べ、更に直感的な検証が可能になります。
デザインレビュー効率化、手戻り低減に寄与します。

◆多人数での同時評価も可能
ヘッドマウントディスプレイ(HMD)やハンドヘルドディスプレイ(HHD)を使うユーザー視点の「主観映像」と外部ステレオ定点カメラで空間を俯瞰的に捉える「客観映像」の、2つの表示方式に対応。客観映像を大型ディスプレイに表示することで、映像を多人数で共有し、仮想物体と人物との位置関係や動線などを同時に評価検討できます。
しかも、主観映像と客観映像は同時に処理でき、複数台のHMD/HHDの同時利用も可能。1つのシーンを複数の作業者と評価者が各自の視点で共有しながら、連携して効率よく作業を進めることができます。

  • シミュレーションで現実空間の人物をMREALに反映させる必要があるお客様
  • デジタルモックアップをご検討のお客様
  • 効果的なシミュレーションによる生産効率向上を進めたいお客様
  • バーチャルショールームでMREALの活用をご検討のお客様
  • より現実に近いヒューマンシミュレーションを実現できます。仮想空間内の実在人物の全身を正しい前後関係で表示することで
    体型・ 姿勢・動きなどが同時に把握でき、リアルタイムな3D合成動画を
    通して、より現実に近いヒューマンシミュレーションを実現できます。
    手などの部分合成に比べ、更に直感的な検証が可能になり、デザインレビュー
    効率化、手戻り低減に寄与します。
  • 効率的に作業を進めることができます。ヘッドマウントディスプレイ(HMD)やハンドヘルドディスプレイ(HHD)を
    使うユーザー視点の「主観映像」に加え、外部ステレオ定点カメラで
    空間を俯瞰的に捉える「客観映像」にも対応しています。
    客観映像を大型ディスプレイに表示することで、映像を多人数で共有し、
    仮想物体と人物との位置関係や動線などをのシーンを複数の作業者と
    評価者が各自の視点で共有しながら、連携して効率よく作業を進める
    ことができます。

製品関連情報開く

この製品に関連するソリューション

  • MR 3Dの進化系、それがキヤノンの「MREAL」
ホーム > ソリューション・製品 > MR > 人物合成映像システム