ホーム > ソリューション・製品 > 基幹システム

AvantStageならベスト・オブ・ブリード型の基幹システム導入で財務/管理会計・生産管理/計画・販売物流/購買管理・需給計画の課題を解決

変化するビジネス環境への対応や、経営課題をサポートするため、企業を支える基幹業務システムには多様性が求められています。ただし、企業の事業形態や管理手法はさまざまであり、統合スイート製品の場合、適合性やTCOの面で見ると導入前に想定していたメリットを受けられない場合があります。
AvantStageであれば、各業務分野で高い評価を受けている業務システムパッケージを組み合わせて、お客さまに適した基幹システムをベスト・オブ・ブリード型で導入するため、導入メリットの最大化を目指すことが可能になります。

基幹システムをベスト・オブ・ブリードで導入するAvantStage

AvantStage概念図

  • ERPとしてのAvantStageのメリットとはERPに課題があると言った場合に、それが情報システムに関してであれ、業務のあり方に関してであれ、局所的な対応、包括的な対応それぞれに応じて柔軟に対応できることが望ましいのは言うまでもありません。そこで考え出されたのが、業務カットで最適なパッケージを必要な部分だけ組合わせて基幹システムをご提供する(ベスト・オブ・ブリード型)基幹業務トータルソリューション 「AvantStage」です。一方でオールインワン(全部入り)型のパッケージを採用する企業もありますが、ビッグバン的な導入に耐えうる企業規模、体力のある大企業以外には導入・運用が難しい現実があります。AvantStageであれば無駄なく効果を得やすいシステム投資が実現し、導入企業にとってメリットある基幹システムの導入・運用が可能になります。
  • AvantStageがカバーする基幹システムとはAvantStageがカバーする基幹業務には、主に購買、生産、販売物流、会計業務領域があります。AvantStageはそれらの業務を最適なERPとして導入できるように国産で導入実績が豊富で信頼のあるパッケージを組み合わせたもので基幹システムを構成しています。海外製のパッケージも多くありますが、日本企業の文化に合わないという声を聞くこともあり、AvantStageでは国産にあえてこだわっております。構成するパッケージとしては、販売に関わる需要予測・需給計画のFOREMAST、生産管理のmcframe、生産スケジューラのAsprova、会計のSuperStreamで構成しています。
  • 製造業を中心に流通小売り・サービス業まで多くの実績生産管理、工程管理、需要予測、需給計画等は製造業、流通小売り業においてかかせない基幹業務であり、それを支える基幹システムは非常に重要です。そのためそれぞれの基幹業務に関わる個々の基幹システムの更改、導入を同時に行うことはリスクがあり、段階的に効果を見極めながら導入することも少なくありません。当社ではお客さまとともに最適な導入方法について検討、ご提案することで多くの信頼と実績を積み重ねてきています。

ERPと基幹システムの違いについて理解しておりますでしょうか。ERPは概念であり実態があるわけではありません。企業が事業を営む中で中心となる購買、生産、販売、会計等の業務を基幹業務と言いますが、そういった基幹業務で企業の経営資源を適切に把握し、業務の計画と管理を行うことを経営概念としてERPと呼びます。企業における重要な経営資源(エンタープライズリソース)を計画的に管理・運用(プランニング)するということでERP(エンタープライズリソースプランニング)と呼ばれています。そのため企業活動が高度になればなるほど、このERPを適切に把握しコントロールしなければ企業経営に支障をきたすことになります。そのためERPの仕組みとして多くの企業で情報システムを導入しますが、その場合の情報システムは特定の業務に特化したものというよりは、ERPをカバーする複数の重要な業務(基幹業務)に関わるシステムであることが多く、そのため一般的にその情報システムの集合体を総称して、基幹システムと呼び、その性質から安定稼働が求められます。またはERPシステム、ERPソリューション、パッケージ化している場合はERPパッケージと呼ばれることもあります。
経営者がERPに課題があるという場合に、単に基幹システム(仕組み)のことを指しているのか、企業経営における経営資源の根本的なあり方を指しているのか注意が必要となります。

ホーム > ソリューション・製品 > 基幹システム