ERP

ERPとは

Enterprise Resource Planning

企業の経営資源を把握し、計画・管理するという経営概念のことをいいます

ERPは概念であり実態があるわけではありません。企業が事業を営む中で中心となる購買、生産、販売、会計等の業務を基幹業務と言いますが、そういった基幹業務で企業の経営資源を適切に把握し、業務の計画と管理を行うことを経営概念としてERPと呼びます。

そのためこのERPは企業経営にとってとても重要な位置づけとなり、ERPのシステムは基幹業務を支える情報基盤(基幹システム)として、安定稼働が求められます。

ERPパッケージは、ERPのシステムを汎用的にソフトウェアとしてモジュール化したものであり、企業の基幹業務プロセスをパッケージのソフトウェアに合わせることでシステムの短期導入を実現することが可能になります。ERPパッケージにはあらゆる基幹業務を網羅した統合スイート型(オールインワン)のものから、基幹業務に合わせてパッケージを組み合わせるベスト・オブ・ブリード型があります。

日本では欧米と比較してオンプレミスによるシステム導入がまだ一般的ですが、最近では基幹業務のなかでもその企業にとってコアな部分をオンプレミスで導入し、コアではない基幹業務をクラウドで利用するというポストモダンERPという概念も登場しています。

キヤノンITソリューションズがご提供する基幹システムとは

豊富な経験に基づくベスト・オブ・ブリード型の導入ノウハウをもとに貴社の基幹システムに対するコンサルティング・システム開発を提供します

キヤノンITソリューションズでは、お客さまのご要件や利用環境に応じた基幹システムをご提供いたします。そのため、統合スイート型のERPパッケージではなく、お客さまの基幹業務に合わせてパッケージを組み合わせるベスト・オブ・ブリード型による基幹システムの導入をご提供いたします。

これは組み合わせる個々のパッケージに対する深い理解と経験が必要となるとともに、パッケージ間を連携させる技術力とノウハウが必要となります。また、お客さま固有の業務に対する知見があってこそ成立する導入ノウハウとなります。その点において、当社では製造業を中心に流通小売り・サービス業まで実績を重ねており、ベスト・オブ・ブリード型の導入ノウハウを活かした基幹システムのご提供が可能です。

キヤノンITソリューションズのAvantStage(アバントステージ)とは

AvantStageはキヤノンITソリューションズのベスト・オブ・ブリード型基幹システムのコンセプトです

AvantStageは、お客さまに合わせたベスト・オブ・ブリード型の基幹システムを導入し、お客さまの事業において業務・業容拡大を実現し次のステージに進むことを目指したコンセプトになります。

AvantStageがカバーする基幹業務には、主に購買、生産、販売物流、会計業務領域があり、主たるパッケージとして販売に関わる需要予測・需給計画のFOREMAST、生産管理のmcframe、生産スケジューラのAsprova、会計のSuperStreamで構成しています。

全ての業務領域を導入する必要はなく、お客さまの事業状況に合わせて、課題克服効果の高い業務領域から導入していき、その効果を見極めながら、業務・業容拡大を実現し、次の基幹業務のシステムを検討するということを可能にします。

AvantStage概念図

AvantStageはベスト・オブ・ブリード型基幹システムのコンセプト

関連するソリューション・製品