産業オートメーション用 監視制御システム

Wonderware InTouch(ワンダーウェア インタッチ)は、産業オートメーション業界でグローバルに高い実績を誇る監視制御ツールです。製造現場でリアルタイムに監視制御やデータ収集を行うシステム(SCADA)のヒューマン マシン インターフェイス(HMI)を、Microsoft Windows OS 上で簡単に開発できます。

InTouch SCADA/HMI アプリケーション

InTouch HMI/SCADA アプリケーション

  • 豊富な採用実績と高い信頼性の SCADA パッケージソフトを選びたいお客さま
  • 監視制御アプリケーションをグローバルに展開したいとお考えのお客さま
  • 開発手順が簡単なパッケージソフトを導入することで、開発やメンテナンスコストを削減したいお客さま
  • 抜群の使い易さ・タグ設定→作画→アニメーション設定の3ステップで開発
    ・監視画面の開発にすぐに使える標準グラフィック ライブラリーを多数提供(約3,000種類)
  • 接続性の良さ・国内外の主要メーカー制御機器との通信ドライバーを準備
    ・DDEやWonderware SuiteLinkプロトコル、OPC DA/UAに対応した通信サーバーを利用可能
  • 拡張性の良さ・80%の標準機能、20%のカスタマイズ(各種スクリプトやツールキットを提供)
    ・ActiveXコントロール、.NET クライアント コントロールを利用可能
    ・クライアント/サーバー構成やターミナルサービス(リモートデスクトップ サービス)構成にも対応
  • 効率的な開発とメンテナンス・グラフィック部品にアニメーション属性やプロパティ、ロジックを実装した「ArchestrAグラフィック」により、開発効率が向上
    ・アプリケーションのネットワーク経由の遠隔デプロイ(配信)によりメンテナンス性が向上
  • 資産継承・開発資産を上位バージョンへ変換してアプリケーションのライフサイクルを最大限に延長

InTouchの基本機能

SCADAに必要な基本機能を提供

SCADAアプリケーションに必要な基本機能を標準装備
・アニメーションによるグラフィック画面作成機能
・I/O通信機能
・セキュリティ管理機能
・トレンド グラフ表示機能(リアルタイム/履歴)
・アラーム/イベント管理機能
・スクリプト機能

(オプション機能)
・SQLデータベース アクセス機能
・レシピ管理機能

ArchestrAグラフィック

効率的な画面開発を支援する ArchestrA グラフィック機能

ArchestrA(アーケストラ)グラフィックには、アニメーション付きのグラフィック要素だけでなく、データを管理する変数であるカスタム プロパティや、実行ロジックであるスクリプトを実装することができます。特定の機能を持った独立したグラフィック モジュールであるため、作成した部品を自社アプリケーションで再利用することができます(部品の標準化や資産化)。階層構造/親子関係を持つため、機能の拡張や変更を効率的に行うことができます。

次世代監視画面の例

次世代 HMI を実現する「Situational Awareness(状況認識)」グラフィック ライブラリー

これまでのカラフルでキレイなだけの監視画面ではない、人間工学に基づいたより視認性の高い監視画面が模索され、国際的なガイドラインとしてまとめられています。InTouch は他の SCADA 製品に先駆けてそれを製品に実装し、「Situational Awareness(状況認識)グラフィック ライブラリーとして標準装備しました。これを用いることで、先進の監視画面アプリケーションをすばやく実現することができます。

FDA CFR Part11対応

FDA CFR Part11システムへの適応

・Windowsセキュリティ認証と連動して、FDA CFR Part11に準拠させるシステムに適応することが可能

Wonderware製品 OS対応表/データベース対応表/推奨ハードウェア環境

Wonderware製品とサードパーティをご利用いただくためのOS/データベースのサポート情報や、推奨するハードウェア環境をご案内します。

ご購入について

サポート

Wonderware製品のFAQやパッチを公開しています。

イベント・セミナー

製品関連情報開く

この製品に関連する製品