ホーム > ニュース > MREALで実在の人物を3D仮想映像空間内に合成表示する人物合成映像システムの提供を開始
ホーム > ソリューション・製品 > MR > ニュース > MREALで実在の人物を3D仮想映像空間内に合成表示する人物合成映像システムの提供を開始
ホーム > ソリューション・製品 > MR > ニュース > MREALで実在の人物を3D仮想映像空間内に合成表示する人物合成映像システムの提供を開始

MREALで実在の人物を3D仮想映像空間内に合成表示する人物合成映像システムの提供を開始

  • ニュースリリース

2014年8月26日

キヤノンITソリューションズ株式会社

キヤノンMJ ITグループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:浅田 和則、以下キヤノンITS)は、MR(Mixed Reality)システム「MREAL」(エムリアル)を使い、実在の人物全体を3D 仮想映像空間内に正しい前後関係でリアルタイムに合成表示する人物合成映像システムの提供を、2014年8月26日より開始します。

<写真1> 実写映像 <写真2> 合成映像

実在の人物とCGとの前後関係を正しく表示することで直感的な検証作業を実現

MREALを用いた設計レビューや作業性検証などの取り組みにおいて、実在の人物を仮想空間内で正しい位置関係で表示することで、体型・姿勢・動きなどを同時に把握でき、より現実に近い検証作業を実現します。
例えば、住宅販売での顧客の身長などに合わせた住設機器の提案や、工場の生産設備設計における作業者の姿勢・動線シミュレーション、車両・大型機械設計での組立・整備性の検証など、仮想物体と人物との関係の検証が求められる様々な用途で活用することができます。

客観映像による多人数での同時評価が可能

ヘッドマウントディスプレイを装着したユーザーの視点による「主観映像」に加えて、その様子を外部定点カメラで俯瞰的に捉えた「客観映像」においても、人物合成映像を表示できます。
客観映像を大型ディスプレイに表示することで、仮想物体と人物との位置関係や動線などを多人数で共有し、評価や検討を進めることが可能になります。

戸建住宅ショールームに採用

本システムは大和ハウス工業株式会社様の戸建住宅体感施設「TRY家Lab」の「トライエ ヴァーチャル」に採用され、キヤノンマーケティングジャパン株式会社を通じて先行導入しています。

  • このシステムは、お客さまごとにキヤノンITソリューションズがMREALをカスタマイズして提供します。
    価格は別途お見積りとなります。

人物合成映像システムの主な特長

1. 特長1 実在の人物と仮想物体との前後関係を正しく表示

実写映像の特定の色を仮想映像上に重ねて表示するMREAL Platformの「カラーマスキング機能」を応用し、特定の色(クロマキー背景色:緑または青)以外の映像を対象とすることで、実写映像から人物全体を抽出します。 3Dステレオカメラの視差を利用したリアルタイム画像処理により、空間内の人物の位置を推定し、人物と仮想物体との前後関係を正しく反映して表示します。
建築物や車両・大型機械など、視野全体に仮想物体が広がるようなコンテンツでは、体の位置や姿勢、仮想物体と人との関係、人同士の位置関係などを確実に把握でき、より正確な検証作業を実現します。

<写真3> 仮想物体と人物の前後関係を正しく表現
<図1> 本システムの映像合成の原理

2. 特長2 2つの表示方法に対応

ヘッドマウントディスプレイを使うユーザー視点の「主観映像」と、外部定点カメラを使い空間を俯瞰的に捉える「客観映像」の、2つの表示方法に対応します。
例えば、複数の作業者が互いの位置を確認するような用途にはヘッドマウントディスプレイの主観映像を、多人数で空間全体における動線や全体配置を検討するような用途には大型モニターによる客観映像をというように、用途に応じて使い分けることができます。

<写真4> 主観映像での利用風景 <写真5> 主観映像例(写真4の右の人が見ている映像) <写真6> 外部定点カメラ設置例 <写真7> 客観映像をモニターで表示し多人数で共有

システム構成について

本システムは、お客さまの用途により必要となる設備・機器・ソフトウェアが異なるため、お客さまのニーズに合わせた構成で、キヤノンITソリューションズがMREALをカスタマイズして提供します。

MR(Mixed Reality)システムについて

MR(Mixed Reality:複合現実感)とは、現実世界とCGをリアルタイムに違和感なく融合させる映像情報処理技術です。MRシステム「MREAL」により、CGがあたかも目の前で現実世界に存在しているかのような臨場感を提供します。

「MREAL」の原理

  • 1.HMDに内蔵された左右一対のビデオカメラによって現実世界を撮影し、その映像をコンピューターへ送ります。
  • 2.画像処理や位置検出センサー、あるいはその両方を組み合わせた位置合わせ技術により、コンピューター内のCGと現実世界の映像を高精度に融合し、HMDに搭載された小型表示ディスプレイに表示します。
  • 3.先進的な技術を結集した光学システムでディスプレイの映像を拡大し、臨場感のある立体映像をユーザーの眼に届けます。

「MREAL」の主な特長

1. 実物大で高精細なCGを描画し、優れた臨場感を実現

ビデオを通しての映像にも関わらず、あたかもそこにあるかのように、現実空間にCGを重ね合わせるため、仮想のモックアップでも本物と同じ感覚で体験できます。

2. 高精度かつ高速な位置合わせで、現実と仮想の世界を正確に融合

HMDの位置と姿勢をリアルタイムで計測し、1コマごとにCGを描画することにより、ユーザーの姿勢の変化や動きに瞬時に対応した合成映像を提供。

「MREAL」の製品名称とロゴについて

「MREAL」の「MR」はMixed Reality(=複合現実感)、「E」はExtreme(最先端・究極)、「A」はArt(技術)、「L」はLeader(先導者)を意味しています。 また、右記の製品ロゴは「m」と「r」をモチーフにしています。滑らかな曲線は、現実世界と仮想世界を繋ぐことで得られる柔軟性や限りない可能性を表しています。 キヤノンは、MRの分野において、今後も業界の先導者として最先端のソリューションを提供していきます。

MREAL

本件についてのお問い合せ先

キヤノンITソリューションズ株式会社 MR事業部
TEL:03-6701-3328

関連するソリューション・製品

ホーム > ニュース > MREALで実在の人物を3D仮想映像空間内に合成表示する人物合成映像システムの提供を開始
ホーム > ソリューション・製品 > MR > ニュース > MREALで実在の人物を3D仮想映像空間内に合成表示する人物合成映像システムの提供を開始
ホーム > ソリューション・製品 > MR > ニュース > MREALで実在の人物を3D仮想映像空間内に合成表示する人物合成映像システムの提供を開始