ホーム > ソリューション・製品 > 画像処理ソリューション > LuxFlux(「fluxTrainer」「fluxRuntime」)

LuxFlux社のハイパースペクトルイメージング処理を行う産業用ソフトウェア

ハイパースペクトルイメージング(HSI)技術を中心としたデータ処理を行う汎用的な産業用ソフトウェアです。機械学習による解析・測定モデル開発ができ、製造ラインにおいて対象物の可視化、分類、測定が可能です。

ハイパースペクトルイメージングを技術を活用した トマト、チーズ、アボカドの可視化例

ハイパースペクトルイメージングを技術を活用した トマト、チーズ、アボカドの可視化例

  • 半導体、ディスプレイ、フィルムなどの膜厚測定、キズ計測、塗布のムラ判定
  • 食品・医薬品・化粧品など成分量の測定
  • 衣服、繊維などアパレル製品の素材分類
  • クレジットカード等のトレース、紙幣など印刷物の着色剤分布
  • 精密農業や環境保護に対するリモートセンシング
  • モデル学習環境「fluxTrainer」ハイパースペクトルカメラで撮像した大容量データの読み込み、GUIによる波長分類処理(特徴量抽出)の構築、機械学習による学習モデル生成、およびモデル検証を行えるソフトウェア。

    従来困難とされてきたハイパースペクトルデータに含まれる何百という波長の膨大な光学情報を、網羅的に処理すること
    ができる。機械学習を用いたモデル学習が可能なため、ユーザーの検証作業は容易でデータサイエンティストは不要。
  • モデル実装環境「fluxRuntime」「fluxTrainer」で生成した学習モデルをもとに、リアルタイムで実行するアプリケーションを作成するSDKとそのランタイ
    ム。 また、キャリブレーションや対象の位置補正、コントローラやPLC(programmable logic controller)との連携も
    可能。 生産・検査ラインで得られた結果をチューニングできるため、従来の研究用解析ソフトでは考慮されていなかった
    生産現場の業務でもスムーズに活用可能。

データキューブ(ENVI_Cube)ファイル入力、およびハイパースペクトルカメラ入力に対応可能

対象の分類・定量化に加え、干渉技術を活用した計測機能を搭載

簡単なUI操作で機械学習による分類・計測用モデルの生成可能

インライン実行用ツールによるリアルタイムでの分類、測定が可能

「プッシュブルーム方式」「チューナブルフィルタ方式」の両方式ハイパースペクトルカメラに対応可能

Windows、Linux、MacOS 64bit ⇒多様なOSに対応

Intel、AMD、NVIDIA、ARM ⇒PCからエッジ環境までを幅広くカバー

【分類】食材品質検査事例

「アボカドのあざ検出と分類」

野菜や果物には、外見だけでは区別のつかない、輸送時の接触や圧力によるあざ(あたり)が発生することがあります。
例えば、アボカドのような果皮の色が濃い果実のあざでも、LuxFluxのHSI技術で波長:700nm付近の強度差を見ることにより、可視化できます。

【分類】食品素材分類事例

「ピーナッツの中身と殻の分類」

一見簡単に見えるピーナッツの殻、薄皮、中身の分類。
形状も色も一定でないため、通常の画像処理で安定した分類は不可能でした。
LuxFluxのHSIイメージング技術により、これらを簡単に分類できます。加えて、見た目の色がピーナッツの薄皮とほぼ同じ茶色の、ヘーゼルナッツも分類できます。

【分類】リサイクル異物混入検査事例

「PET素材の異物検出」

ペットボトルは裁断・粉砕して、PET(PolyEthylene Terephthalate)ペレットにし、その後、ボトルや他の製品にリサイクルされます。
このPETペレットに異物(他の透明樹脂など)が混ざると、強度不足や見た目の悪化などの弊害が起こります。
LuxFluxのHSIイメージング技術により、赤外カメラでは分類できないPETと他の透明樹脂でも正確に分類することができます。

【測定】食材貯蔵評価事例

「牛ひき肉の貯蔵評価」

今までの食材劣化状態の評価は、サンプルの一部を化学・生化学的に分析するのが一般的でした。
LuxFluxのHSIイメージング技術により、 食材の劣化に伴って増える物質の量を測ることにより、非接触で貯蔵状態を評価することができるようになりました。

【測定】薄膜厚み測定

「半導体ウエハの厚み検証」

可視光~近赤外領域(500-900nm)による感圧センサのMEMSのウエハの測定事例です。

半導体ウエハの厚み検証

1:非接触での薄膜の厚み測定
2:厚み4種の可視化と頻度ヒストグラム表示
3:厚いシリコン膜の厚み測定も可能
4:高分解能での酸化膜の3次元表示とプロジェクション可視化

【測定】色定量化による品質検証事例

「FPD発色の発光品質評価」

FPDの発光検査では、発色の正確な計測が必要です。
LuxFluxのHSIイメージング技術により、テストパターンの波長(色)ごとの輝度を厳密に計測し、発色品質の評価が可能です。

製品関連情報開く

この製品に関連する製品