ホーム > ソリューション・製品 > 画像処理ソリューション > LuxFlux(「fluxTrainer」「fluxRuntime」)

LuxFlux社のハイパースペクトルイメージング処理を行う産業用ソフトウェア

ハイパースペクトルイメージング(HSI)技術を中心としたデータ処理を行う汎用的な産業用ソフトウェアです。機械学習(AI)による解析・測定モデル開発ができ、製造ラインにおいて対象物の可視化、分類、測定が可能です。

  • 半導体、ディスプレイ、フィルムなどの膜厚測定、キズ計測、塗布のムラ判定
  • 食品・医薬品・化粧品など成分量の測定
  • 衣服、繊維などアパレル製品の素材分類
  • クレジットカード等のトレース、紙幣など印刷物の着色剤分布
  • 精密農業や環境保護に対するリモートセンシング
  • 開発環境「fluxTrainer」ハイパースペクトルカメラで撮像した大量のデータの中から波長分類(特徴量を抽出)をし、機械学習(AI)により学習モデルを生成および検証する学習用の開発環境ソフトウェアです。従来困難とされてきたハイパースペクトルデータに含まれる何百という波長の膨大な光学情報を、網羅的に処理することができます。AIを用いた学習モデル生成が可能なため、ユーザーの検証作業は容易でデータサイエンティストは不要です。
  • 実行環境「fluxRuntime」「fluxTrainer」で生成した学習モデルをもとに、リアルタイムで対象の判定をする実行環境のソフトウェアです。また、キャリブレーションや対象の位置補正、コントローラやPLC(programmable logic controller)との連携も可能です。生産・検査ラインで得られた結果をチューニングできるため、従来の研究用解析ソフトでは考慮されていなかった生産現場の業務でもスムーズに活用できます

分類

検査対象の素材・成分を分類
(トマト・チーズ・アボカドの内部成分の分類)

測定

薄膜素材の厚さ、測定対象の表面の荒れ、
凹凸、色、成分量などの測定
(ウエハーの電極表面の厚さ測定)

製品関連情報開く

この製品に関連する製品