ホーム > ソリューション・製品 > 3Dソリューション > 製造業向けデジタルデータ活用

エンジニアリングDXを実現するソリューション

製造業のDXを実現するには、お客様がこれまで作成してきた3次元CADデータをはじめとするデジタルデータを、PLMで正確に蓄積し整理することが必要不可欠です。整備されたデジタルデータで、IoT/xRでさらに活用強化することで、お客様のDXを加速します。

  • 企画部門において、新たな市場やニーズの先回りをしたい
  • 設計部門において、解析精度を向上させ、工数とコストの削減をしたい
  • 生産部門において、トラブルを予測・予防したい
  • 生産、保守サービス部門において、熟練技術者のノウハウ継承をしたい
  • メンテナンス部門において、現場作業に必要な製品の情報(仕様書や図面など)を取得したい
  • お客さまのご要望に沿ったトータルソリューション資産となるデジタルデータをPLMで正確に蓄積し、xR/IoTで活用強化することで技術革新を加速させる、ソリューションをご提案します。

製造業のお客様からよくお聞きするいくつかの課題は、利用シーンごとのデジタルデータ活用によって解決できます。

利用シーン1:市場調査

新たな市場やニーズの先回り

利用環境において、センサーなどで計測した実際の温度や応力などをIoT製品で収集・解析し、見える化することで、新たなアイデアや気づきを創造できます。

情報配信スピードの向上

新たなアイデアや気づきを反映した製品の3次元モデルからARデータを作成することで、仕様確定を待たずに後工程へ情報を共有できるので、フロントローディングを加速します。

攻めの営業(デジタルショールーム)

製品の3次元モデルを基にARコンテンツ作成することで、出荷を待たずに製品を体験していただくことができます。

利用シーン2:解析スキル

工数削減・試作レス・実践・ 評価の削減(コスト・工数)

3次元モデルを作成しながら、リアルタイムで解析を実施することで、設計工数や外注費の削減が可能になります。

測定結果の有効活用

デジタルツイン(利用環境において、センサーなどで計測した実際の温度や応力などの解析結果を設計に反映すること)で、予測や理論値ではなく実績値による精度の高い製品設計が可能になります。

利用シーン3:トラブル予測・予防

作業安全性の向上

利用環境において、センサーなどで計測した実際の温度や応力などをIoTで見える化することで、閾値を超えた際にアラートを表示させることで、トラブルを未然に防ぐことが可能になります。
さらにxRを利用することで、計測値やアラート、部品情報を実際の設備に重ね合わせて確認できるシームレスな作業が可能になります。

利用シーン4:技術者ノウハウ継承

外国人労働者とのコミュニケーション

3Dアニメーションを活用したARコンテンツを利用することで、言語の異なる外国人労働者への作業指示の負荷を削減できます。

トレーニング時間の削減

作業手順をステップごとにアナウンスしたり、チェック機能を備えたARコンテンツを利用することで、簡単なトレーニングで作業を開始できるようになります。

ベテラン作業者の減少対策

遠隔サポートでベテラン作業者から支持することで、技術力の低い作業員でも、スキルが必要な作業も対応可能となります。

利用シーン5:製品情報の取得

現場作業に必要な製品の情報(図面など)の取得

PLMシステムと連携したARコンテンツを利用することで、メンテナンス作業など現場作業で、設備や製品の部品の情報をすぐに取得できます。

顧客との意思疎通、円滑な要件確認(コンセプトモデルの確認)

製品の3次元モデルを基に作成したARデータを顧客と共有することで、設置状態や形状、使用感を、納品前に確認していただくことができます。

製品関連情報開く

この製品に関するトピックス