ホーム > トピックス > イベント・セミナーレポート > 「Engineering カンファレンス2019」を開催
  • イベント・セミナーレポート

「Engineering カンファレンス2019」を開催

会場:キヤノン Sタワー(品川)
開催日:2019年9月20日「金曜日」


製造業向けのイベント「Engineering カンファレンス2019」を開催しました。
本カンファレンスでは、“デジタル”をテーマに、車載制御・画像処理・ロボット制御といった組込み開発を紹介しました。

Engineering カンファレンス2019

またIoT、xR(VR,AR,MR)、PLM(Product Lifecycle Management)といった従来の3Dソリューションについては、「エンジニアリングDX(デジタルトランスフォーメーション)」といった新たな捉え方で紹介しました。当日は、約70名のお客さまにお集まりいただき、講演に加え、12の当社ソリューションを紹介しました。

講演では、名古屋大学 組込みシステム研究センターの高田広章教授より、「CASEが変える自動車の未来」と題して、自動車とソフトウェアの密接な関係や、将来のモビリティ社会について大変興味深いお話しをいただきました。
続いての講演では、キヤノン(株)の新谷悟主席より「キヤノンが取り組むAIを駆使した最新のマシンビジョンシステム」について紹介しました。
3つ目の講演ではPTCジャパン(株)の古賀奨マネージャーより、最新のARやIoT技術を組み合わせることで、これからのものづくりにおける設計・開発の考え方が大きく変化していくことを デモ動画を交えながらご紹介いただきました。

当社は今後も、業務に役立つ多様な商品群や最新のITスキルを駆使した付加価値サービスとともに、お客さまの課題を解決に導く、時代に沿った製品・サービスの提供に努めていきます。

関連するソリューション・製品

ホーム > トピックス > イベント・セミナーレポート > 「Engineering カンファレンス2019」を開催