メインフレーム

メインフレームとは

メインフレームはIBM、富士通、日立製作所、NECなどが製造する大型コンピュータの総称です。大手製造業や金融業を中心に、企業の基幹システムなどで従来より利用されてきました。メインフレームは高い安定性と堅牢性を持ち、ミッションクリティカルなシステムで現在も利用され続けています。

メインフレーム関連ソリューション

メインフレームとオープンシステムとの連携をサポート

キヤノンITソリューションズでは、長年培ってきた通信技術を生かし、メインフレーム向けの端末エミュレータとEDI/ファイル転送システムでお客様の基幹システム、受発注業務などの安定稼動・業務連携に貢献します。

メインフレーム向け端末エミュレータ・EDIソリューションを提供します

端末エミュレータ「TCPLinkシリーズ」で、メインフレーム・オープンシステム間連携をサポートします。

端末エミュレータ「TCPLinkシリーズ」
各社メインフレーム、およびIBM i(AS/400)のオンライン端末機能(日本語3270、6680、560/20、ETOS、日本語5250)を提供する端末エミュレータ製品です。累計150万ライセンスの実績でサードベンダーシェアNo.1を誇ります。各種OSに対応した製品の他、Web環境、モバイル環境、シンクライアントなど様々なシーンで利用することができます。豊富な導入実績と顧客サポートで、高いご評価をいただいております。

端末エミュレータの他にも、各メインフレーム固有のプロトコルとTCP/IPネットワークをつなぐゲートウェイ製品、APIやメインフレームからのオンラインプリント処理を実現するプリントソリューションをご提供します。

EDIシステム「DEX-Ⅱ」で取引先システムとの連携をサポートします

EDI/ファイル転送システム「DEX-Ⅱ」
各種EDI標準通信プロトコルを含むマルチプロトコルに対応し、対外的なEDIから社内のファイル転送までを一元管理できる、統合データ交換システムです。集配信管理機能、ディスパッチ(自動運用)機能による完全自動運転が可能で、データ交換業務の効率化に貢献します。
※対応プロトコルはメインフレームにより異なります。

関連するソリューション・製品