ビッグデータ

ビッグデータとは

ビッグデータはデータベースやアプリケーションで取り扱えないほどの大容量データのことを言います。データのサイズに関して、明確な定義はありませんが、一般的には数百テラバイト、ぺタバイト級のデータをさすことが多いです。

また、ただ単にデータ容量が大きいだけでなく、データの形式も多様でリアルタイムに増加する点が特徴的です。例えば、流通業におけるPOSデータ、医療における診断・治療の分類データ、SNS等におけるGPSデータ、スマートフォンアプリやオンラインゲームなどのユーザー行動履歴データ等をあげることができます。

今後、IoTの進展により、あらゆるものがネットワークに接続され、収集できるデータはますます多種多様に、大量になることが予想されます。

ビッグデータの高速加工・分析を支援「解析ブースター」

キヤノンITソリューションズでは、よりよいビジネス上の意思決定を迅速に行うために、ビッグデータを高速に加工・分析するためのツール「解析ブースター」をご提供します。

通常、ビッグデータの解析には、ハイスペックなサーバーマシンやETLなどの高価なツールを必要とされるケースが多いですが、このツールを利用することにより、BIツールやExcelで扱えなかったビッグデータをオンタイムで抽出し、誰でも気軽にビッグデータを活用することができるようになります。

関連するソリューション・製品