企業におけるARに大変革をもたらすプログラミング不要の作成・発行ソリューション

Vuforia Studioは、ノンプログラミングで、迅速にARコンテンツを作成し共有することを可能にするソリューションです。既存の3Dジオメトリやアニメーションシーケンスを簡単に再利用できるので、ARコンテンツ作成のコストを軽減できます。

  • ARを手軽にすばやく業務に活用したい
  • PLM管理データや3Dデータの利活用を検討したい
  • ARコンテンツを自社で作成したい
  • さまざまなデバイスでARサービスを利用したい
  • 素早いアプリ開発プログラミングをせずにアプリの開発が可能
  • PLM管理データや3Dデータの再利用に最適・ WindchillなどPLMシステムで管理している情報を利用
    ・ CADのネイティブデータや中間フォーマットをロード可能
    ・ Creo ParametricまたはIllustrateで作成したアニメーションもロード可能
  • リアルタイム情報アクセス・ IoTや業務システムとの統合を実現
  • 対応CADファイルフォーマット・Creo(.part, .asm, .pvz)      ・STEP(.stp, step)
    ・CATIA(.CATPart, .CATProduct)   ・IGES(.igs, iges)
    ・SOLIDWORKS(.sldasm, .sldprt)  ・STL(.stl, sla)
    ・Inventor(.ipt, .iam)         ・VRML(.wrl, vrml)
    ・DGN(.dgn)    など

Vuforia View

さまざまなデバイスで拡張現実を閲覧できる無料のアプリケーション

特長

①サイトから無料でダウンロード

 ・ Apple Store  ・ Google Play  ・ Windows Store

②様々なデバイスで利用
 ・ iPhone (5s,6,6Plus,SE,7,7Plus,8,8Plus,X) ・ Microsoft HoloLenz
 ・ iPad (Air,Air2,Mini 4,Pro,Pro9.7)  ・ VUZIX M300スマートグラス
 ・ Android (バージョン5.0以上)   ・ RealWear HMT-1
 ・ Windows Surface (Pro4,Book)