ホーム > トピックス > テクニカルレポート > 「医療情報システム向けAWS利用リファレンス(厚生労働省版)」を公開
  • テクニカルレポート

「医療情報システム向けAWS利用リファレンス(厚生労働省版)」を公開

2021/4/23

当社は、日本電気株式会社、株式会社日立システムズ、フィラーシステムズ株式会社の3社と共同で、医療機関等におけるクラウドの活用を促進することを目的に、「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」(以下「リファレンス」)の作成を推進しています。

近年、AWSをはじめとするクラウドサービスが医療機関の課題を解決する手段として活用の動きが強まっており、Withコロナの時代はさらにその重要性が増すことが予想されます。しかし、クラウド活用の前提としてクラウド事業者が開示しているシステム仕様が厚生労働省や経済産業省、総務省が発行する医療情報システムに関するガイドライン(以下、3省3ガイドライン)の要求事項に対応できているかを調査、解釈、判断しなければならないという難しい課題がありました。

昨年から今年に掛けてはガイドラインの大規模な改訂が実施されており、2020年8月21日に総務省および経済産業省の2つのガイドラインが統合・改定され「医療情報を取り扱う情報システム・サービスの提供事業者における安全管理ガイドライン(第1版)」として策定・公開されました。また、2021年1月には厚生労働省が発行する「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」が第5.1版に改定されました。これにより、医療情報システムに関するガイドラインは3省が発行する2つのガイドライン(以下、3省2ガイドライン)に再編されています。

このガイドラインの改定に対応し、AWSのパートナーである当社および日本電気株式会社、株式会社日立システムズ、フィラーシステムズ株式会社の4社は最新のガイドラインへのAWS上での対応を目的に、AWSが「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン(第5.1版)」の各要求事項に対して、どのように適合するかを共同で調査、検討してきました。

その成果として、今回新たに、2021年1月に厚生労働省から発行された「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン(第5.1版)」に対応した、「医療情報システム向けAWS利用リファレンス(厚生労働省版)」を公開しました。リファレンスは以下URLからどなたでも無償でダウンロード可能です。



当社では引き続き医療情報システムにおけるAWS環境の活用促進などを通じ医療機関等におけるクラウド活用支援やシステムコストの最適化、運用管理の効率化を支援する各種のITサービスを広く提供していく予定です。

医療情報システム向けAWS利用リファレンス(厚生労働省版)

関連するソリューション・製品

ホーム > トピックス > テクニカルレポート > 「医療情報システム向けAWS利用リファレンス(厚生労働省版)」を公開