ホーム > トピックス > イベント・セミナーレポート > 「画像センシング展2022」に出展
  • イベント・セミナーレポート

「画像センシング展2022」に出展

センシング展ブース

会場:パシフィコ横浜
開催日:2021年6月8日~10日
主催 :アドコム・メディア株式会社

キヤノンITSブースでは、Matrox社製のディープラーニング対応の画像処理ソフトウェアを活用した実演や、産業用途で活躍しているハイパースペクトルデータ処理ソフトウェア、最新の産業用スマートカメラの展示いたしました。

中でも、キヤノンITS社製 AIプラットフォーム「LaiGHT」とドイツ Baumer社製 AIスマートカメラを組み合わせた「人の姿勢推定」や、最新のディープラーニングを活用した「豆の分類・格付け」や「数種類のパスタの分類」を実演し、多くのお客さまにご覧いただきました。

また、会場内にて、「エンジニアリングDXを支える、新イメージセンシングと処理技術」と題して、セミナーを行いました。
キヤノンITSが提唱する「エンジニアリングDX」を基軸に、製造の品質生産性の向上、自動化/省力化、働き方改革実現などの価値を創出するDXの導入に向けたセミナーで、 最新のセンシング技術、映像処理技術による自動化、AGVなどの移動体やサービスロボットでのビジョン応用など製造ラインからクロスインダストリ領域まで、活用技術と事例を紹介いたしました。

近年、製造現場では生産設備の性能向上や検査品質の重要性の高まりから、ありとあらゆる生産設備に産業用カメラやセンサが搭載され、生産状況の見える化、自動化による業務効率化、そしてデータ分析による歩留まりの改善に活用され始めています。キヤノンITSは、30年以上にわたりマシンビジョン製品を中心に画像処理ソリューションを様々な製造現場に提供し、お客さまの抱える課題を解決してきました。
今後もハイパースペクトルイメージングなどの新技術、ディープラーニング活用により、製造工程における業務の効率化を提案し、お客さまの製品品質の向上に貢献していきます。

関連するソリューション・製品

ホーム > トピックス > イベント・セミナーレポート > 「画像センシング展2022」に出展