ホーム > トピックス > イベント・セミナーレポート > 東京テレワーク推進センター主催のオンラインセミナーにて講演
  • イベント・セミナーレポート

東京テレワーク推進センター主催のオンラインセミナーにて講演

TOKYO MXニュース番組で「テレワークサポーター」が紹介されました

会場:東京テレワーク推進センター(東京・文京)
開催日:2020年9月24日「木曜日」

東京テレワーク推進センター主催のオンラインセミナーにて「できない業務をテレワークで実現する方法~紙、契約書、個人情報等の取扱いを解決するには~」と題し講演を行いました。

東京テレワーク推進センターは、東京都と国がテレワークの普及を目的に設置したワンストップセンターです。テレワークに関心のある方は予約すれば誰でも立ち寄ることができ、テレワークに関する情報収集やITツールの体験、制度やツール導入の助成金制度などについても専門家に相談することができます。セミナーも定期開催しており、現在はコロナ感染症拡大防止のため、オンラインと人数を限定した会場との同時開催形式で実施しています。

講演では、「常時顔認証で広がるテレワークの可能性」と題し、在宅勤務推進の大きな阻害要因の一つが、個人情報や契約書の扱いなど機密情報に関する在宅での取扱い懸念であり、その課題解決策として「テレワークサポーター」が有効であると紹介しました。つづいて、「画像処理技術とAI技術で 手書き帳票をデジタル化し業務効率化!」と題した講演では、ペーパーレスの推進で業務効率化と在宅勤務を実現する方法を、AI OCRソリューション「CaptureBrain」のデモを交えて解説しました。

セミナーの申込者数は145名で、当日は台風が近づく悪天候の中、トータルで127名もの参加者がありました。参加率は87%と過去のセミナーと比較しても非常に高く、テレワークへの関心の高さがうかがえる結果となりました。

今後もこのような活動を通じてお客さまの働き方改革や在宅勤務拡大を支援していきます。

関連するソリューション・製品

ホーム > トピックス > イベント・セミナーレポート > 東京テレワーク推進センター主催のオンラインセミナーにて講演