ホーム > トピックス > イベント・セミナーレポート > 「スマート工場EXPO」に出展
  • イベント・セミナーレポート

「スマート工場EXPO」に出展

会場:東京ビッグサイト
開催日:2018年1月17日~19日

当社は、スマート工場・スマート物流を実現するためのIoTソリューション、AI、FA/ロボットなどの最新技術・ソリューションが一堂に出展する展示会「スマート工場EXPO」に初出展しました。スマート工場とは、高度なファクトリーオートメーションに加え、工場内のあらゆる設備や工場と工場を通信でつなげIoT化することで生産革新を実現する次世代工場のことで、世界的に注目を集めているキーワードです。

「すぐに使えるパッケージソフトでお客さま主導のIoTを実現」をコンセプトに、タッチパネルに対応しノンプログラミングでの画面開発が可能な、最新の産業制御システムSCADAの「Wonderware InTouch OMI」をはじめ、エッジデバイスで”見える化”を実現する「Wonderware InTouch Machine Edition」、膨大なデータを一括して収集・蓄積する産業用高速時系列データベース「Wonderware Historian Server」を中心に展示しました。 無停止実行基盤「Stratus everRun」により、「Wonderware InTouch OMI」と「Wonderware Historian Server」を動作させることで、データ欠損をさせない安定したシステム環境を提供するソリューションを紹介しました。 また、産業用ビジョンセンサー「Baumer VeriSens」を活用し、画像処理システムと組み合わせたデモンストレーションも行いました。

展示の中で特に関心が高かったのが、ビッグデータ可視化ソフトの「BIGDAT@Viewer」です。同ソフトは昨年より販売開始をした製品で、蓄積した膨大なデータを解析し、どこに着目したら良いかの分析軸の発見や仮説立案を支援するものです。昨今、蓄積したデータをどう活用すべきかといった課題を抱えている方が多く、ブースにも多くのお客さまにお越しいただきました。

これからも、お客さまの課題解決に導く、時代に沿った製品・サービスの提供していきます。

スマート工場EXPO

関連するソリューション・製品

ホーム > トピックス > イベント・セミナーレポート > 「スマート工場EXPO」に出展