需要予測

SCMにおける需要予測とは

SCMにおいて発注/生産/調達計画を立案するためには需要予測は必須です

SCM(サプライチェーンマネジメント)における需要予測とは販売量・出荷量を予測することです。来月にどれくらい販売・出荷されるかということを予測します。発注/生産/調達計画を立案するためには需要予測が必須です。
この需要予測には2種類あります。「過去の実績データがある商品の需要予測」と「発売前の商品の需要予測」です。ここでは前者の過去の実績データがある商品の需要予測について話します。過去の実績データがある商品の需要予測でよく使われるのは時系列予測モデルという手法です。一番シンプルな方法は過去の一定期間の平均値を未来の予測量とする方法です。それ以外には季節性やトレンドを考慮する方法などがあります。しかし、過去の実績だけでは情報が少ないので、精度が望めない場合があります。そこで、気象データや取扱い店舗数などの販売・出荷に影響を与えていると思われるデータもインプットして予測する方法があります。

キヤノンITソリューションズがご提供する需要予測とは?

高度な予測技術や豊富な経験に基づくノウハウをもとに需要予測のコンサルティング・システム開発を提供します

キヤノンITソリューションの研究開発センターでは、長年この時系列予測モデルの研究を続けており、高度な予測技術とノウハウに基づき需要予測のコンサルティング・システム開発を行っております。
例えば、関連時系列データの活用による予測精度向上、需要予測を効率的に立案する仕組み、需要予測を活用する業務設計などを提供します。

これまで大手製造業のお客様をはじめ、流通・小売・サービス業などさまざまなお客様へ需要予測ソリューションをご提供し高い評価を頂いております。

関連するソリューション・製品