loading...

データに基づく需要予測・需給計画で

過剰在庫欠品防止する

需要予測・需給計画ソリューションFOREMAST

[ 需給業務の継続的な改善方法のヒントが分かる ]

正確な需給管理はより重要に

製造業や流通・小売業などの企業では、過剰な在庫は廃棄などのリスクにつながり、逆に品切れが起こってしまえば顧客満足や販売機会の喪失につながります。ビジネス環境が変化しやすく、また商品ライフサイクルの短期化が加速する近年では、正確な需給管理はよりビジネスを左右するようになり、企業が取り組むべき大きな課題となっています。

企業における「需要予測・需給計画」で生じる問題

アイコン

こまめに需要予測ができない

需要予測を高い頻度でできないため、最新の状況にあった正確な予想や適切な在庫計画ができていない。

アイコン

正確な需要予測が困難

正確な需要予測ができないため、突発的な欠品対応が多発している。またそれに対して先手を打った対処ができていない。

アイコン

需給管理業務の属人化

担当者の過去の経験や勘に基づいて需給計画を⽴てており、属⼈化している。また、ノウハウを共有し知識として活⽤できない。

アイコン

PDCAが不完全

需給管理の情報が一元管理できていないため、情報の収集・分析によるPDCAサイクルが回せず業務改善ができていない。

▼

需要予測・需給計画ソリューション FOREMAST
最適な発注・生産・在庫管理業務を支援します

データに基づく適切な需給管理業務を支援する
FOREMAST

FOREMASTは、需給システムや予測・在庫理論の数理モデルに精通した専門家によるコンサルティングサービスと当社独自のSIコア機能を用いて、業務とITの両面から需給マネジメントシステムの構築を支援するソリューションです。貴社のニーズに応じたセミオーダーメイドのシステムを構築できます。

図版:FOREMAST

最適な需給業務を実現する3つのコア機能の役割

FOREMASTは、需給マネジメントシステムを構築するための、需要予測(DP)、在庫補充計画(RP)、需給計画調整(PB)の3つのコアモジュールを備えています。これらをベースに、パッケージ製品では難しかった会社特有の要件に応じた柔軟なシステム構築が可能です。

1

未来の需要を予測 FOREMAST/DP

過去の販売や出荷実績データを用いて、複数の統計的な予測モデルをもとに月別または週別など未来の需要予測を提示します。

また、予測モデルは製品の需要の傾向の変化に応じてチューニングする必要がありますが、FOREMASTでは、過去のデータを元に最適なモデルをシステムが⾃動的に提⽰する⾃動選択機能(特許取得済み)を備えており、⼈間が⼿作業でチューニングする⼿間を省⼒化します。

図版:FOREMAST/DP

2

在庫の補充量とタイミングを決定 FOREMAST/RP

⽴案した需要予測と在庫実績データを⽤いて、在庫を補充する量やタイミングをシステムが提⽰します。需要変動や予測誤差などを考慮しながら、安全在庫の量を⾃動計算することで、これまで勘や経験で⾏っていた在庫管理業務をデータに基づき標準化できます。

在庫過少や在庫過多の可能性が⽣じた際にアラートの提⽰も可能。在庫切れで緊急的な対応に追われるリスクを低減します。

図版:FOREMAST/RP

3

画面での操作から需給計画を調整 FOREMAST/PB

⼊庫・在庫・出庫の実績・予定を可視化した上で、需給計画を立案するために必要なGUI画⾯を提供します。需要予測、在庫補充量および、それに基づく未来の在庫推移を画⾯上で確認したり問題のある商品をアラートで表⽰したりなど、効率的な需給計画調整作業を⽀援します。

画面での計画の表示形式・レイアウトは、⾃社の業務にあった柔軟な画⾯構成へとカスタマイズできます。

図版:FOREMAST/PB

FOREMASTが選ばれる理由 1

需要予測・需給計画の専門コンサルタントが支援

FOREMASTはパッケージのシステムを提供するのではなく、需給管理に通じた専⾨コンサルタントが課題・要件をヒアリングした上で、企業ごとに最適なシステムを構築するトータルソリューションを提供できることが強みです。すでに需給管理業務に注⼒しており、複雑な⾃社の業務や要件に合わせたシステムを構築したいお客さまに最適です。

また、これから需給管理を本格的にシステム化されたいお客様にも、キヤノンITソリューションズが持つ実績から「需給管理業務のベストプラクティス」を体現するテンプレートを活かしてシステム構築を提案いたします。

イメージ:専門コンサルタント

専門コンサルタントによる支援内容の例

1

icon:予測分析

予測分析

代表品の実績データをもとに予測を行い、実績パターン分けと、パターン別の適切な予測モデルの選定を行います。

2

icon:在庫シミュレーション

在庫シミュレーション

需要予測結果、在庫モデルをもとに補充を行った場合の在庫予定をシミュレーションし、適切な在庫モデルや安全在庫基準の選定を行います。

3

icon:保守ミーティング

保守ミーティング

稼働後も、システムの運用状況や課題に対して、機能・業務の改善を提案します。また、定期的にシステムの予測精度やユーザの需要計画精度を評価したレポートを提出します。

FOREMASTが選ばれる理由 2

「需給マネジメントシステム」に必要な機能を網羅

需給管理業務で成果を出すには、単に予測や計画を行うだけでなくPDCAサイクルで改善する仕組み、すなわち「需給マネジメントシステム」が必要です。FOREMASTは需給マネジメントシステムを構築するために必要な3つの観点に対応する機能を有しています。

需給マネジメントシステムで必要な3つの観点とFOREMASTの機能

1

予測精度改善のPDCA

一度適用した予測モデルでも、ビジネスや市場にあわせて常にチューニング作業を⾏い改善していく取り組みが必要です。

↓

FOREMASTなら…

予測モデルの自動選択機能や予測精度の判定、予測と実績の差異が生じた際のアラートなど予測精度改善を支援する機能を搭載

2

緊急対応のPDCA

予測精度には限界があります。予測が外れた場合の緊急対応の策定とそれに対する検証・改善が必要です。

↓

FOREMASTなら…

在庫情報と未来の需要予測を用い、前もって緊急対応の発生する可能性をアラート。最新の正しい需給情報に基づく緊急対応を実施

3

予測の外れを
前提としたPDCA

予測が外れた際の緊急対応を繰り返さないために、外れたとしても他の業務に影響が出ないようにする必要があります。

↓

FOREMASTなら…

予測の外れ度合いをもとに、許容するサービス率に応じた製品ごとの安全在庫の量を自動計算して提示・適用

【無料ダウンロード】需給業務をさらに改善できる 【無料ダウンロード】需給業務をさらに改善できる

導入事例

国内の有力な大手製造業を中心に広く活用されています。
日々の需給管理業務を支え、企業のサプライチェーンマネジメント最適化を支援しています。

icon:食品製造業

食品製造業

FOREMASTを導入し、在庫切れが発生しそうな商品のアラートを設定することで、欠品リスクに対して先手を打って対応できるように。突発的な業務に時間を取られず、従業員は注力するべき時間を充てられるようになっています。

icon:電機メーカー

電機メーカー

海外の拠点の計画をファイルで入手し、それを元に国内で生産計画を立てていましたが、FOREMASTによって情報を一元化して情報連携を効率化。元々月次で行っていた需給計画のPDCAを週次で実行できるようになっています。

icon:保険会社

保険会社

保険商品のパンフレットなど各種印刷物の需要予測を行うことで、適正な量で印刷の発注が可能に。在庫量は30%削減され、物流コストは2000万円減少、廃棄コストは大幅に減少するなど、幅広い効果が表れています。

お役立ち資料・情報

需給業務に精通した当社の専門コンサルタントが執筆した多彩なコンテンツをダウンロードいただけます。
ぜひ貴社の需給業務にお役立てください。

初心者におすすめ!いろはさんと学ぶ
需要予測・需給計画

初心者におすすめ! いろはさんと学ぶ需要予測・需給計画

需給管理業務で考えるべき発注、需要予測、在庫などの考え方をわかりやすい対話形式で学べる初心者向けのコンテンツです。これから知識を深めたい方におすすめです。

ダウンロードする

最新の需給課題、トレンドが
分かる上級編コラム

最新の需給課題、トレンドが分かる上級編コラム

需給管理業務を行うにあたり、需要予測の異常値対応、安全在庫などを含む応用的なテーマを解説したコンテンツです。より理解を深めたい方におすすめです。

ダウンロードする

需給マネジメントシステム
ホワイトペーパー

需給マネジメントシステムホワイトペーパー

需給管理を実践して改善のサイクルを回していく「需給マネジメントシステム」の必要性とその詳細について解説したホワイトペーパーです。

ダウンロードする

需給の用語辞典

需給の用語辞典

需給管理を実践する際に出てくる用語を、教科書では伝わらない「現場感」と合わせて解説した用語辞典です。用語にまつわる企業の実情も理解できます。

在庫管理のための需要予測入門

在庫管理のための需要予測入門

Contents:
第1章:需要予測とは
第2章:在庫管理の基本
第3章:需要予測モデルの基礎
第4章:需要予測モデルの実践
第5章:需要予測による在庫管理
第6章:需要予測システム
第7章:需要予測システム導入時のポイント

どのような需要予測システムを導入すればよいかお悩みの方のために、実務に精通したコンサルタントが基本知識からシステム導入時に考慮すべきポイントまでをやさしく解説。

お問い合わせ