ホーム > ソリューション・製品 > セキュリティ > GUARDIANWALL Webファミリー

URLフィルタリング、コンテンツフィルタリングに加え、標的型攻撃へも対応したWeb利用からの情報漏えいを防ぐWebフィルタリングソリューション

働き方改革による業務環境の多様化や、クラウドサービスの普及に伴いWebを利用した業務の重要度は増しています。一方で、マルウェア感染による外部との不正通信や、シャドーITの増加が大きな課題となっています。GUARDIANWALL WebFilterは、業務に支障を与えない適切かつ柔軟な管理に加え、外部攻撃対策機能の強化により、Web利用からの情報漏えい対策を実現します。

  • マルウェアに感染する危険があるサイトへアクセスさせたくない
  • マルウェア感染による外部への不正通信からの情報漏えいを防ぎたい
  • Webを通じて社外へ送信されるデータをフィルターして、情報漏えいを防ぎたい
  • Webの業務外利用を抑制したい
  • 社員のWebアクセス利用状況を把握したい
  • URLフィルタリング機能を強化し、危険なサイトへのアクセス遮断精度を向上【Update】世界で6億人以上に利用され、リアルタイムに更新するURLデータベースを用いることで、マルウェアに感染するなどの危険があるWebサイトへのアクセスを防ぎます。また、高いWebサイトのカテゴリ判定率により、カテゴリ未登録の不審なURLはポリシーによりブロックすることで、さらに安全なWebアクセスを実現が可能です。
  • 利用用途が広がるWebからの情報漏えいをブロック今や様々な情報がWebを通して外部とやり取りされています。多くのサイトが採用するHTTPSのデコードに標準対応し、個人情報検査などにより、うっかり/意図的を問わず、外部への機密情報の漏えいを防ぎます。
  • 柔軟な設定で業務に支障なくシャドーITを抑制柔軟に「誰が・いつ・どこに対する・どのような通信を・どう制御する」かを定義でき、また豊富な制御パターン(禁止・試行・オーバーライドなど)で業務に支障なく、シャドーITを抑制できます。
  • 標的型攻撃対策の最後の要(かなめ)に!HTTPS通信でダウンロードされるファイルもウイルス検査(ICAP連携)しマルウェア感染への予防ができます。また万一マルウェアに感染した端末があった場合も、C&Cサーバーとの不正通信をブロック(コネクトバック通信や不正なヘッダー情報の通信を検知)し、標的型攻撃への対策の最後の要となります。
  • 外部送信情報をアーカイブ外部送信された情報は自動でアーカイブされるため、後からでも確認が可能です。新たにKerberos認証にも対応し、「誰」が「どこへ」アクセスしたのかを簡単に把握できます。

アクセスコントロール

業務に必要なサイトは閲覧可能なまま、業務外のWeb利用を抑制できます。

こんな課題を解決
•社員の生産性低下を防ぐために、業務外のWebアクセスは禁止したい
•マルウェアに感染する危険があるサイトにはアクセスさせたくない
•いきなり閲覧禁止にすると、業務に利用していた社員から苦情が頻発

アウトバウンド情報の制御

ログ/レポート

各種ログの詳細検索や、外部送信データのアーカイブ機能により社員のWeb利用状況を把握できます。

こんな課題を解決
•社員のWebアクセス状況や、フィルタリング結果をもとに、Webの利用ルールを見直したい
•業務外利用など、ログを検索したり、レポートの形で利用実態を把握したい
•マルウェアの感染が疑われる不審な通信の有無を確認したい

管理機能

必要な権限範囲を定義し、各部門へ権限を委譲、管理を委託することできます。

こんな課題を解決
•システムの運用と、規則ルールの管理や利用状況の監査を別部門で実施したい

製品関連情報開く

  • 評価版お申し込み

この製品に関連するソリューション

  • セキュリティ 優れたセキュリティ製品にコンサル、構築、ソリューション提案などの付加価値をつけて

この製品に関連する製品

ホーム > ソリューション・製品 > セキュリティ > GUARDIANWALL Webファミリー