GUARDIANWALL メール無害化サービス

ファイル無害化、HTMLのテキスト化により、メールに潜む脅威を無害化

GURADIANWALL メール無害化サービスは、「添付ファイルのマクロ除去」を行うファイル無害化や、「HTMLメールのテキスト化」といったメール無害化により、危険なメールを無害にして安全にメールをご利用いただけます。

受信メールに対して、ウイルスチェック、添付ファイルの削除、HTMLメールのテキスト化、URLリンクの除去をおこない、無害化された状態のメールを配送します。なお、元メールの管理として、閲覧やダウンロードが可能です。また、ホワイトリスト機能により、無害化処理の迂回も可能です。

受信メールに対して、ウイルスチェック、ファイル無害化(マクロ除去)、HTMLメールのテキスト化、URLリンクの除去をおこない、無害化された状態のメールを配送します。なお、元メールの管理として、閲覧やダウンロードが可能です。また、ホワイトリスト機能により、無害化処理の迂回も可能です。

  • 標的型攻撃メールの被害を防ぎたい。
  • 情報漏えい対策をさらに強化したい。
  • 安心サービスを手軽にはじめられます。受信メールに対して、ファイル無害化(マクロ除去)、URLリンクの除去、HTMLメールのテキスト化などのメール無害化処理を行い、脅威を取り除きます。元メールはサーバー上で閲覧、ダウンロードすることができます。また、再度宛先アドレスへ配送したり、別アドレスへ転送することも可能です。

ファイル無害化(マクロ除去) [New]

Microsoft Office製品(Word、Excel、PowerPoint)に含まれるマクロとPDFに含まれるJavaScriptを除去し、不正コードが埋め込まれていない安全なファイルとして受信できます。

HTMLメールのテキスト化

HTMLメールをテキストメールへ変換(テキスト化)します。


【制限事項】
 メールクライアントソフトで分割配信されたメールは無害化処理対象外となります。

URLリンクの除去

URLリンクを除去し、無効なテキスト文字列に変換(対象:HTMLメールのみ)します。


【制限事項】
(1) ご利用のメールクライアントソフトにより、メール無害化処理後のテキストメールに対し、自動的にURLリンクが付加される場合がありますが、騙しリンクは削除されておりますのでご安心ください。

(2)メールクライアントソフトで分割配信されたメールは無害化処理対象外となります。 

オリジナルメール管理機能

ログインID(メールアドレス)に紐づき、受信メール一覧が表示されます。

メール一覧で件名をクリックすると無害化処理済メールの詳細画面が表示されます。表示された無害化処理済メールの詳細画面中断にある「無害化前原本」をクリックし、オリジナルメールの詳細情報を表示させます。

「無害化前原本ダウンロード」ボタンで、オリジナルメールをダウンロードできます。

「無害化前原本送信」ボタンでオリジナルメールを配送することができます。

ウイルスチェック機能

ウイルスが発見された場合はメールを削除し、受信者と管理者に対してメールで通知します。

ホワイトリスト機能

特定の送信元(ドメインもしくはメールアドレス)のメールに対して、無害化処理を迂回してメールを配送します。
ドメインもしくはメールアドレスの登録(設定)可能数は、最大50とします。

製品関連情報開く

この製品に関連する製品