2017年3月27日よりGUARDIANWALL アーカイブモデルは、「GUARDIANWALL MailArchive」へ製品名を変更いたしました。

メール保存だけじゃない、充実した機能と高い操作性

メールの保存・検索といった基本機能に加え、上長によるメールの事後監査や、ExchangeやOffice365と連携するジャーナルメールへの対応など、充実した機能を備えています。
またemlファイルの取り込み機能も備え、他社アーカイブ製品からの乗り換えも容易になります。

  • メール本文だけでなく添付ファイルやエンベロープ情報も すべて保存したい
  • 部下のメールを定期的に上司にチェックさせたい
  • Office 365のメールも素早く検索したい
  • 現在利用している既存メールアーカイブ製品からの移行が面倒
  • 保存したメールの信頼性を証明したい
  • 添付ファイル、エンベロープ情報も含めて高圧縮し、検索用インデックスを作成しても(元のメールサイズの約100%)で保存可能
  • メールの本文検索だけでなく添付ファイル内のテキスト検索も標準対応。Office 365メールも、豊富な検索項目による絞込みと素早い検索ですぐに確認できる
  • emlファイルの取り込み機能を標準実装し、他のアーカイブ製品からの乗り換え時も安心
  • デジタルタイムスタンプを付与することで非改ざん性の証明が可能※タイムスタンプの利用には別途「アマノタイムスタンプサービス3161」のご契約が必要です。
  • Office 365のメールの経路を変更することなく簡単にメールアーカイブを取得可能

保存メール検索

期間、発信者、メールサイズなど様々な条件で検索が可能です。

保存メール検索結果

検索結果は一覧で表示されクリックすることで、各メールの詳細が確認できます。

保存メール詳細

保存メールの発信者、受信者、日付、本文など詳細が確認できます。

ジャーナルアーカイブ機能

全文検索

全文検査機能も標準搭載。メール本文だけでなく添付ファイル内のテキストも検索できます。

※ Microsoft Office 2003移行に搭載されたIRM(Information Rights Management)機能にて制限をかけられたファイルについては検査対象外となります。

ジャーナルアーカイブ機能

ジャーナルアーカイブ機能

社内間のメールもアーカイブし、監査できるようになりました。Microsoft Exchange Serverのジャーナルメールに対応し、通常取得困難な社内間メールをアーカイブできます。また、Office 365上のExchange Onlineのジャーナルメールにも対応しています。

メール取り込みツール

eml形式のメールデータをGUARDIANWALL MailArchiveに取り込むことが可能です。他製品でアーカイブしていた過去のメールデータもGUARDIANWALL MailArchiveで一元化して管理いただけます。

タイムスタンプ(非改ざん性証明)

オプションのアマノタイムスタンプサービス3161を利用することにより、保存メールのアーカイブデータに対し、第三者によるデジタルタイムスタンプを付与することで、非改ざん性を証明することが可能です。
タイムスタンプトークンで示される時刻にデータが存在し、そのデータが変更されていないことを確認できます。

タイムスタンプの利用には別途「アマノタイムスタンプサービス3161」のご契約が必要です。(外部サイトへ移動します)

GUARDIANWALL Mailファミリー 共通機能

GUARDIANWALL Mailファミリー

Webセキュリティ

クラウド型メールセキュリティ サービス

クラウド型サービスでお手軽にメールセキュリティ対策

製品関連情報開く

  • 評価版お申込み

この製品に関連するソリューション

  • セキュリティ優れたセキュリティ製品にコンサル、構築、ソリューション提案などの付加価値をつけて

この製品に関連する製品

  • GUARDIANWALL MailFilter柔軟なフィルタリング機能やメールの配送制御により、ニーズにマッチした誤送信対策、情報漏えい対策を実現。メールによる、マイナンバー漏えいや標的型攻撃の対応も可能です。
  • GUARDIANWALL MailConvert誤送信を添付ファイル暗号化/宛先BCC変換処理で無効化
  • GUARDIANWALL 各モデル共通機能各モデルで共通となる機能