ホーム > ソリューション・製品 > セキュリティ > 物品管理クラウド Convi.BASE

Convi.BASEは、あらゆるモノを管理するための、クラウド台帳です。

Convi.BASEは、固定資産、リース資産、備品をはじめ、あらゆる物品の現物を適正に管理・運用するソフトウェアです。
ICタグやバーコードを活用して、面倒な棚卸しにかかる工数を1/3~1/10に削減する事が可能です。
管理項目は自由に設定可能、管理項目数の制限もありません。権限設定も自由自在。ビュー(子台帳)の切り出しやテーブル間の連携も可能です。

  • 様々な管理台帳があふれてしまってるので一元化したい
  • 管理台帳と現物が合っていない
  • 棚卸しに時間がかかる
  • 遊休品を活用できず、無駄な投資をしている
  • 履歴の管理が出来ていない
  • 【 統合 】・柔軟な台帳機能で、部門や種類ごとに散らばる台帳を統合できます。
    ・今お使いのExcel台帳をインポートすることも可能です。
  • 【 見える化 】・バーコード付きラベルで、台帳と現物をしっかり紐付けます。
    ・物品の設置場所や管理者、状態が一目でわかります。
  • 【 有効活用 】・遊休品リストを簡単に作成できます。
    ・未使用品の放置や二重購入、誤廃棄を防ぎます。
  • 【 コストカット 】・ハンディターミナルやiOSデバイスを利用した棚卸しで、簡単・正確な棚卸しを実現。
    ・管理業務にかかる手間と時間を大幅に削減します。

柔軟な台帳機能で物品情報の一元管理を可能に

台帳機能

・柔軟な台帳機能で物品情報の一元管理を可能にします。
・データメンテナンス記録や、貸出し・入出庫の履歴を残すことができます。
・外部の情報をインポートすることも可能。台帳の二重管理を防止します。

管理ラベル発行

・管理ラベルを貼付することで、台帳と現物を強力に紐づけます。
・台帳画面からボタン一つで簡単に管理ラベルを発行可能です。
・ハンディターミナルやiOSデバイスを使って読み取ることで、棚卸し・貸出し・入出庫を行うことができます。

物品に写真や関連ファイルを紐付けて管理

ビュー(子台帳)作成

・よく使う検索条件はビュー(子台帳)として切り出すことが可能です。
・「遊休物品台帳」や「管理部門別台帳」など、任意の条件で作成できます。
・切り出した個々のビューに、参照・編集・追加・削除の権限を
つけることもできます。

ICタグ、バーコードを利用した管理ラベル作成が可能

棚卸し

・ICタグ・バーコード・カメレオンコードに対応。
・棚卸しは、ハンディターミナルやiOSデバイスで管理ラベルを読み取るだけ。
・棚卸し工数を 1/3~1/10 に削減可能です。

関連ファイル管理

・PDF・Word・Excel・写真データの添付が可能です
・社内に散らばりがちな保証書・説明書・稟議書などを、
物品情報と一緒に管理することができます。
・物品情報に添付する写真やファイルの数に制限はありません。

メール送信

・事前に設定した期限を迎えたら、アラートメールを送信することが可能です。
・メールは複数の宛先に設定でき、文面はお客様が自由に設定できます。
・「保守期限」や「物品返却日」の管理もしっかり行えます。

ハンディターミナルで簡単棚卸し

貸出し/返却

・ICタグ・バーコード・カメレオンコードに対応。
・管理ラベルを読み取って貸出し・返却が可能です。
・誰がいつ持ち出し、いつ返却されるのかが分かります。

Convi.BASE は柔軟かつ強力な管理台帳機能を備えています。
管理対象にあわせて管理項目は自由に設定することが可能です。また、期日管理も標準で行えるので、次の管理アクションを促す アラートとしても利用できます。管理ラベル出力や棚卸し、貸出し・入出庫の管理は共通して行えるので、あらゆるシーンでの現物管理でご利用いただくことが可能です。

利用シーン1:資産物品(固定資産・リース・備品)管理

台帳と現状がかい離し実態把握が困難・・・ 「属人化」「ブラックボックス化」した管理台帳

資産物品(固定資産・リース・備品)管理

【こんなお悩みはありませんか?】


・管理台帳と現物が合っていない
・棚卸しに手間がかかる
・遊休品を活用できず、無駄な投資が発生している。
・監査で管理強化の指摘を受けた

【Convi.BASE(コンビベース)でこう変わる!】


・他システムとの連携で物品情報を一元管理
例えば会計システムと連携すれば、台帳の二重管理を防ぎながら現物をしっかり管理可能。
写真やPDFなどのファイルも添付できるので、物品の関連情報までまとめて管理できます。

・ICタグ・バーコードを活用した管理ラベル作成が可能
資産管理用のバーコード付きラベルを出力可能です。 管理ラベルを貼付することで、台帳と現物を強力に紐づけます。
ラベルレイアウトは自由に設定可能です。

・ハンディターミナルやiOSデバイスで、誰でも簡単棚卸し
IC タグ・バーコードを読取り、棚卸しを正確かつ効率的に行うことができます。
集計作業・台帳への結果反映もボタン一つで完了するので、棚卸しにかかる手間を減らすことができます。

・遊休品の活用によるコスト削減
資産物品の利用状況をハンディで記録し、遊休品を把握可能です。
遊休品の検索、リスト印刷、エクスポートが可能です。

利用シーン2:IT資産物品管理

台帳と現状が乖離し実態把握が困難

台帳と現状が乖離し実態把握が困難

【こんなお悩みはありませんか?】


・IT資産物品の管理台帳と現物が合っていない。
・IT資産管理ツールでは現物の管理がカバー出来ない。
・遊休となっているIT資産物品を活用できず、無駄な投資が発生している。
・貸出し(持出し)、返却の管理が出来ていない。

【Convi.BASE(コンビベース)でこう変わる!】


・ICタグ・バーコードを活用した管理ラベル作成が可能
IT資産物品管理用のバーコード付きラベルを出力可能です。 管理ラベルを貼付することで、台帳と現物を強力に紐づけます。
ネットワークに繋がっていない物品を含めた管理が可能になります。

・ハンディターミナルやiOSデバイスで、誰でも簡単棚卸し
IC タグ・バーコードを読取り、棚卸しを正確かつ効率的に行うことができます。
IT資産管理ツールからインベントリ情報をインポートし、IT資産物品があったとみなす「みなし棚卸し」も実施可能です。

・遊休品の活用によるコスト削減
資産物品の利用状況をハンディで記録することで、遊休品を正確に把握することができます。
遊休品は検索、リスト印刷、エクスポートが可能です。

・貸出し中物品の把握も簡単
ビュー(子台帳)機能を使って、「貸出し中物品台帳」や「未返却物品台帳」を作成することができます。
担当者にアラートメールを送信して、返却漏れを防ぐことも可能です。

利用シーン3:文書原本管理

台帳と現状がかい離し実態把握が困難・・・ 重要文書原本の所在不明、紛失

文書原本管理

【こんなお悩みはありませんか?】


・管理台帳と現物が合っていない。
・棚卸しに手間がかかる。
・貸出し(持出し)、返却の管理が出来ていない。
・内容確認時にいちいち原本にあたる必要がある。
・監査で管理強化の指摘を受けた

【Convi.BASE(コンビベース)でこう変わる!】


・ICタグ、バーコードで管理台帳と現物を紐付けし、現物の実態を確実に把握
台帳画面から簡単に管理ラベルが発行できます。
文書箱やファイル、フォルダに管理ラベルを貼付することで、台帳と現物を強力に紐付けます。

・ハンディターミナルやiOSデバイスで、誰でも簡単棚卸し
IC タグ・バーコードを読取り、棚卸しを正確かつ効率的に行うことができます。
棚卸しは「探す」作業から「読み取る作業」に変わるので、棚卸し工数を圧縮することができます。

・ICタグ・バーコードを用いた貸出し(持出し)、返却管理が可能
文書の貸出し(持出し)、返却時にICタグやバーコードを読取り、記録を取ってステータス管理を行うことが可能です。
「いつ」「誰が」持ち出したかが分かるようになります。返却期限を設定してアラートメールでお知らせすることも可能です。

・ ファイル添付で、社内の情報共有も簡単
WordやExcel、PDF等のファイルを添付すれば、台帳からすぐに文書を確認することができます。
クラウド台帳なので社内の情報共有も簡単です。

・重要文書管理の強化を実現
誰が、いつ、どこで棚卸しを行ったか」 「誰がいつ持ち出したか、返却したか」をシステム上で記録可能です。システム利用ログも自動記録されます。記録や履歴はリスト印刷やファイル出力が可能です。

稼働環境はこちらからご覧になれます(開発元のサイトへリンクしています)

製品関連情報開く

この製品に関連するソリューション

  • セキュリティ 優れたセキュリティ製品にコンサル、構築、ソリューション提案などの付加価値をつけて
ホーム > ソリューション・製品 > セキュリティ > 物品管理クラウド Convi.BASE