6つの視点から体系化

ビジネス環境における変化のスピードはますます加速し、企業には「生き残る」のではなく、「勝ち抜く」ための戦略が求められ、ビジネスモデルの革新が不可欠となっています。このような中、ITには『ビジネスモデルの革新』に追従するアプリケーションのスピーディな提供が必要です。SOAでは、アプリケーション機能を再利用することでITの俊敏性と柔軟性を高めることができます。

SOAメニューマップ

  • 「作る」から「組み合わせる」へ、柔軟な変更を可能にします。SOAを追求することで、アプリケーションライフサイクルを短縮することができます。アプリケーションの機能を独立したサービスとして部品化し、それらを必要に応じて組み合わせていくことにより新たなアプリケーションを構築します。ビジネスプロセスがアプリケーションを意識せずに、個々のサービスを呼び出して使用することができるように構築し、柔軟な変更を可能とします。