HTML5

HTML5のロゴ

HTML5とは

Web標準化の最新トレンドであるHTML5に対応したWebアプリケーションによって、リッチな表現力と、優れたGUI/UX(ユーザーエクスペリエンス)が提供可能になります。

お客様へ提供するWebページや従業員向け企業の情報システムが大きく変わろうとしています。情報発信としてのWebから、よりリッチに、使いやすく、表現力を拡張した、UX(ユーザーエクスペリエンス)に配慮したWebアプリケーションを迅速に提供することが求められています。同時に、これまでのPCだけでなく、スマートフォンを始めとするマルチデバイスやマルチプラットフォームへの対応を迅速に、より簡単に進めていくことが大きな課題となっています。

これらを解決するのは、次世代Web標準化仕様であるHTML5です。いまやネット社会で最も重要で基本的な情報のインフラストラクチャー(基盤)となっているWebブラウザとWebアプリケーションですが、この技術の標準化を推進しているのが非営利団体 W3Cです。W3Cが策定した次世代のWeb標準の仕様がHTML5であり、世界中の主だったWebブラウザがHTML5の対応を進めています。

HTML5によって、これまでブラウザベースでは難しく、Flashなどを使わざる得なかった、表現力に富んだリッチなコンテンツがHTML5のみで利用可能になります。また、マルチデバイスへの対応をこれまで以上に進めており、今や必須と言われる、マルチデバイス、マルチプラットフォームへの対応が容易に提供することができます。

キヤノンITSはHTML5に対応したWebアプリケーションの開発ツール・SIサービスをご提供します。

クロスプラットフォームWebアプリケーション設計/開発/管理フレームワーク「Sencha」や、業務用Webアプリケーション100%自動生成ツール「Web Performer」など、高速・簡単にHTML5に対応した各種アプリケーション開発ツールをご提供いたしております。また、これら開発ツールの販売だけではなく、お客様の業務システム開発を承るSIサービスもご提供いたします。高いユーザビリティーを実現するUI/UX重視アプリケーションや、短期スケジュールでの超高速開発といったシステム開発などのご要望にもお応えいたします。

Webサービス機能を利用してWeb PerformerとSenchaとの連携構築もおこなえます

Sencha ⇔ Web Performer 連携イメージ図

連携によるメリット

①検索画面や詳細画面等通常の業務画面はWeb Performerで簡単自動生成
②グリッド画面やガントチャート等Web Performerでは難しい画面はSenchaで構築
③データベースからデータを検索したり、データを登録する機能はWeb Performerで自動生成し、その機能をWebサービス経由でSenchaと簡単連携

関連するソリューション・製品