暗号化

暗号化とは

暗号化とは、パソコンなどのデータを第三者に改ざんされたり解読できない状態に変換し、保存したり通信したりする技術。たとえ暗号化されたデータが漏えいしても、解読できない限り元の情報を知ることはできません。

外部ネットワークと通信を行うとき、データが第三者に途中で取得され閲覧されてしまう恐れがあります。機密情報を送る場合、途中で第三者に閲覧されてしまうと、重大な問題となります。

また、パソコンやサーバーなどに保管しているデータについても、ウイルスやマルウェアに感染して、不正にアクセスされたり、重要なデータを盗まれたりするなど、さまざまな危険性をもっています。

外部ネットワークと安全に通信を行ったり、パソコンやサーバーなどに保管されているデータを安全に保管したりするためには、暗号化が有効です。暗号化されたデータは、許可された受け取り手以外には解読ができないように変換されています。暗号化された情報を読めるようにするには、「復号」を行います。

最適なソリューションをご提案

キヤノンITソリューションズでは、ハードディスクやリムーバルメディアなど電子媒体の暗号化から、ネットワーク通信の暗号化、電子メールや添付ファイルの暗号化まで、豊富な製品・サービスと高い技術サポート力でお客さまに最適なソリューションを提案します。

関連するソリューション・製品