binning(ビニング)

画像を取得する際の、CCDから電荷パターンを読み取るための手法のこと。
いくつかのピクセルから蓄積された電荷が結合して、単一の大きなピクセルに相当するものが作成されます。
ビニングの利点は、低信号をブーストできることです。
この手法は、フレームレートを上げ、解像度を下げることができます。