ホーム > ソリューション・製品 > FA > Wonderware Historian

産業オートメーション用実績データ収集・蓄積システム

ソフトウェアで、操業現場で発生するデータの高速収集と大容量のデータの蓄積に最適化されたシステムです。

Wonderware Historian の位置づけ

alt(代替テキスト)=Historian の位置づけ

Wonderware Historian(ワンダーウェア ヒストリアン、旧Industrial SQL Server )は、Microsoft SQL Serverをベースに開発された産業用データ収集・蓄積システムです。現場の"カイゼン"を目的として、さまざまな製造現場のデータを高速に収集し、長期にデータ保存できます。収集したデータには、専用のデータ解析クライアント Historian Clientや、Microsoft Excel・Word等の汎用のクライアントソフトでアクセスし、現場の"カイゼン"に必要な製造パフォーマンス情報の解析・レポート作成が簡単に行えます。さらに、Wonderware Information Serverを用いてWEBポータル上に情報公開し、企業のさまざまな役割の人々にデータを供給する製造情報ポータルの提供も可能です。

  • InTouchなどのSCADA/HMI よりも高機能な履歴データ管理システムが必要なお客さま
  • 手間をかけずに履歴データの管理システムを立ち上げたいお客さま
  • 通常のリレーショナルデータベースによる履歴データ管理ではパフォーマンス的に不十分と感じているお客さま
  • 短期間でのすばやいデータ収集蓄積システムの立ち上げ・システム構築にデータベースの知識は不要
    ・インストールして収集マスターを登録するだけで、すぐにデータ収集を開始可能
    ・収集マスターは、ウィザードやCSVファイルで簡単に作成可能
  • プラントのデータ収集蓄積に求められる高速・大容量のデータに対応・5,000 ~ 10,000 タグ/秒のデータ収集が可能
    ・汎用リレーショナルデータベースとの比較で 1/50 以下の容量でデータを保存
  • FDA CFR Part 11 対応のシステムへ適用可能Windows セキュリティ認証や設定変更の履歴保存、データ保存形式における不正改ざんの防止仕様により、FDA CFR Part 11 に対応したシステムとして導入が可能

Historianの冗長構成に対応

2つの Historian ノードを立てることで、高い可用性の履歴データ収集システムを実現できます。冗長構成では、一つの Historian システムが停止していても他方でデータを収集し続けられるほか、クライアントソフトウェアによるデータ利用も中断することがなくなります。

階層型Historian構成の構築が可能

例えば地理的に分散した複数拠点で収集されたHistorian(第一階層)のデータを、中央の1つのHistorian(第二階層)に集約して利用することができます。
※第二階層 Historian には、Historian Enterprise ライセンスが必要です。

さまざまなデータソースからの取り込みに対応

リアルタイムに逐次データを取り込めるだけでなく、例えば別システムのデータを後でロードして保存することもできます。
・DDE/FastDDE/SuiteLink/OPC
・CSVファイル
・Historian SDK(別売) を用いたプログラム

豊富なデータ活用オプション

・OLEDB に対応した汎用的なクライアントソフトを利用可能
 (例)Wonderware Historian Client、Excel、独自SQLクライアントソフト
・拡張検索オプションにより、簡単にデータを加工して利用可能
 (例)周期形式、変化点取り出し、間引き、時間ベースの状態演算、ノイズフィルター、積算、データ補間、時間加重平均など

Wonderware製品 OS対応表/データベース対応表/推奨ハードウェア環境

Wonderware製品とサードパーティをご利用いただくためのOS/データベースのサポート情報や、推奨するハードウェア環境をご案内します。

ご購入について

サポート

Wonderware製品のFAQやパッチを公開しています。

イベント・セミナー

製品関連情報開く

この製品に関連するソリューション

  • FA 産業オートメーション向けトータル ソリューション「Wonderware」

この製品に関連する製品

ホーム > ソリューション・製品 > FA > Wonderware Historian