既存の業務システムにWebサービスを利用してワークフロー決裁機能を搭載可能な開発キット

「Web Plant SDK」は、Webサービス経由で業務システムに決裁管理機能を追加可能なワークフロー構築エンジンです。高度なワークフローをGUIで柔軟に表現するワークフローシステム構築ツール「Web Plant」のきめ細かなサービスと管理機能をそのままに、業務システムからWebサービスを利用して、業務フロー拡張や業務間連携するプロセス・フローを実現できます。

Web Plant SDK概要図

Web Plant SDK概要図

業務システムからの申請を「Web Plant」で開発したフォームで承認、Web Performerで開発したWebアプリケーションも同一プロセスで操作できます。多様なニーズを統括管理するワークフローサーバにより、真の統合決裁基盤を提供します。

  • 既存の業務システムにWebサービスを利用してワークフロー決裁機能を搭載したい
  • Webサービスを利用した開発により決裁機能を疎結合で実現業務アプリケーションから「起案」「申請」「承認」等の配送系WebサービスAPIの呼び出しにより、ワークフローを実現します。ワークフローサーバにあらかじめ登録した、GUIを利用したアイコン操作によるプロセス設計情報と組織情報にしたがって、案件の生成と承認者の割当て、条件分岐では制御項目による配送先判定等のフロー制御を実現します。
  • きめ細かいワークフロー制御と管理機能GUIで本格的ワークフローが容易に構築可能な「Web Plant」をベースに、複雑な意思決定が可能なプロセス定義と運用管理機能を標準提供
  • 多様な要件に対応するワークフローサーバによる統合決裁基盤の実現GUIで加味ベースの決裁業務をシステム化:「Web Plant」
    設計情報から高機能・高品質システム開発:「Web Performer」

Webサービスを利用した申請

業務システムからは、通常の業務データの登録処理とともに申請WebサービスAPI呼出しにより、ワークフローサーバに申請案件が登録されます。
そして、データ登録処理確定とともに要求確定APIにより申請案件をコミット、次決裁者の承認処理待ちと遷移します。

Webサービスを利用した承認

承認者は、Web Plant SDKが標準提供するWebクライアント処理待ち一覧画面から決裁案件を処理します。
また、処理待ち一覧取得APIにより案件情報を受取り、業務システムに独自の一覧画面を実装して承認画面を表示するよう開発することも出来ます。

プロセスを制御する要素

プロセスを制御する要素

プロセスとは作成された業務(伝票)の決裁経路を言い、プロセスは各種の機能を提供するアクティビティの結合によって詳細定義されます。対象業務に対して階層化された組織情報の最上位を設定すると、階層下に所属するユーザに起案の権限を付与します。
配送のコントロールは、組織情報である、ユーザ、ロール、部門の各情報がつかさどります。
その他、実行時指定により動的に決裁者を変更することや、GUIで表現可能な分岐処理、並列処理、合議のアクティビティによりプロセスは構成されます。

並列処理・分岐処理も、グラフィカルにフロー設定可能

並列処理・分岐処理も、グラフィカルにフロー設定可能

プロセスエディタは、業務手順を視覚的にモデル化できる、優れたインターフェースを提供しています。
・申請、決裁、分岐などのフロー上の動作(アクティビティ)は、わかりやすいアイコンで表現されます。これらのアイコンをプロセスエディタ内でドラッグ&ドロップし、遷移を表すトランジションで結合するだけで経路の定義を行うことができます。
・個別の申請条件に応じて決裁先が変化する場合(条件分岐)や、複数部門が並行して処理を進め(並列分岐)、結果を集約する場合(並列結合)もGUIで表現することが可能できます。
・条件分岐アクティビティ内では、各分岐ルートへ進む際の条件式の定義が可能です。これにより、従来は業務プログラム内で定義され、第三者の検証が困難だったルールを、誰にでもわかり易くすることができます。
・多数決(合議)や回覧といった多様な意思決定手順にも対応することができます。
・他のアプリケーションの処理結果を受けて承認プロセスの制御などを自動的に行うといった、外部のアプリケーションと連携した処理を行うことができます。

バージョン管理機能

バージョン管理機能

ワークフローのプロセス設計や組織情報は、デプロイ(配置)により運用環境に移行できます。デプロイ操作はバージョン管理機能と自動的に連動し、新旧のシステム情報を一括して記録・保存します。
通常の操作では、起案時の組織情報にもとづいて申請が開始され、進行中に新たな組織情報がデプロイされた後も、起案時点で適用されたバージョン内でのフローが維持されます。(特定の業務に対し、フローの途中から最新の異動情報を適用する振り直し操作も可能です。)
これにより、従来、ワークフローシステムの弱点とされた締め処理前後の対応が改善されるだけでなく、決裁権限の前提である過去・現在の組織が明瞭となり、トレーサビリティの向上に役立てることができます。

開発フェーズ、本番運用フェーズにおいて、ワークフロー上で業務(伝票)を正常に運用できるようにするための機能を多数用意しております。

システム管理者機能
○システム環境管理
・カテゴリ管理
・システム管理者の管理
・デプロイ
○組織情報管理
・部門管理
・ロール管理
・ユーザ管理
○運用情報管理
・サーバ監視
カテゴリ管理者(運用管理)機能
○本番サーバ管理
・案件メンテナンス
・案件削除
・案件ID管理
○開発サーバ設計情報管理
・設計情報インポート
・設計情報エクスポート
○スタンバイ環境整備
・スタンバイ環境への設計情報の登録
・スタンバイ環境の設計情報の破棄
○管理者・開発者管理
・カテゴリ管理者の管理
・開発者の管理

システムの構成と開発・運用環境

システムの構成と開発・運用環境

ワークフローシステムの開発・運用権限と、アプリケーション資産へのアクセス権限を明確に区別しています。

主なWebサービス一覧

ワークフローの利便性を高めるWebサービスを提供します。

種別 サービス名 サービス内容
ユーザ認証 ログイン login ログインをする
ログアウト logout ログアウトをする
ワークフロー操作(配送系) 起案 createNewCase 起案をする
起案済み案件申請 proposeCase 起案済み案件を申請する
承認 approve 承認をする
直前への差し戻し remandToPrevious 直前へ差し戻しをする
申請者への差し戻し remandToProposer 申請者へ差し戻しをする
合議 vote 合議をする
否決 reject 否決をする
二段階遷移の完了(確定処理) completeTransition 申請、承認、否決などの要求を確定する
案件情報の取得 処理待ち案件件数取得 countTodoWorkItems 処理待ち案件件数を取得する
処理待ち一覧取得 queryTodoWorkItems 処理待ち一覧を取得する
処理待ち案件詳細データ取得 getTodoCaseData 処理待ち案件詳細データを取得する
処理済み案件詳細データ取得 getTrackableCaseData 処理済み案件詳細データを取得する
組織検索 部門検索 getDepartments 指定された部とその下位部のすべての部情報を返す
ロール検索 getRoles 指定された部とその下位部のすべてのロール情報を返す
ユーザーポジション検索 getUserPositions 指定された部とその下位部のすべてのユーザポジション情報を返す

製品関連情報開く

この製品に関連するソリューション

  • ワークフロー キヤノンITソリューションズが提供するワークフローシリーズ製品群は、申請と決裁を伴なう様々な業務を一元的に管理する「統合決裁基盤」を実現します。

この製品に関連する製品

  • 超高速開発ツール Web Performer ノンプログラミングで超高速開発。
    Webアプリケーション自動生成ツールでシステム開発革新を。
  • Web Plant 多様な業務ニーズに 「きめ細かく」 「柔軟に」 こたえるワークフローシステム構築ツール
  • ワークフローコアエンジン フロントオフィス/バックオフィスなどあらゆる種類のワークフロー構築に対応できるエンジン