クラウドで開発。どこでも稼働。
スピード開発・稼働ポータビリティを実現する「クラウド開発基盤」。

Web Aviatorは、高品質なWebアプリケーションの開発・検証・本番稼働を迅速に実現する「クラウド開発基盤」です。開発は、アマゾン ウェブ サービス(Amazon Web Services;以下AWS)とWeb Aviatorの利用により工数やコストを大幅に削減できます。検証、本番は、AWSや他クラウド・オンプレミスで稼働する実行エンジンの提供によりポータビリティが確保できます。

AWS上にてご提供しているWeb Aviatorのマシンイメージ(※)を選択して起動するだけで、Webアプリケーションの開発環境が入手できます。また、本稼動もAWS上で行う場合は、本番サーバ用のWeb AviatorマシンイメージもAWS上にてご提供していますので、すぐに本稼動させることが可能です。その際、開発サーバから検証・本番サーバへのデプロイ(配備)は管理ツールからワンクリックで行えます。

クラウドで開発。どこでも稼動。

クラウドで開発。どこでも稼動。

※マシンイメージとはサーバのテンプレートです。
Web AviatorのマシンイメージにはWeb Aviatorを適切に稼動するために必要なOS、ミドルウェア、ソフトウェアがすべて一まとめになっていて、事前設定済みとなっています。これにより、マシンイメージを選択して起動するだけですぐに開発が始められます。

  • 開発期間と開発コストを可能な限り押さえ、自社業務に合ったWebシステムを導入したい
  • パッケージが合わなく、システムをスクラッチ開発するも品質がバラバラ。高品質なWebシステムが欲しい
  • Webアプリケーションを開発・稼動させるためのハードウェア/ミドルウェアをそれぞれ入手してサーバ構築するのが手間。すぐに開発に着手し、すぐ稼動させたい
  • 開発メンバーの拠点が離れていたり、外注先との共同開発・・・。長期出張も大変なので、クラウドを使って開発したい
  • Webアプリケーションの開発をGUIで行いたい
  • クラウドでスピード開発(AWSを活用)開発環境をクラウドにすることで、コストメリットはもちろんのこと、サーバ構築の手間、時間、場所などの制約から解放されます。具体的には、Web Aviatorの開発環境の構築は、AWS上に用意されたAMI(Amazon Machine Image)から起動するだけ。これにより、優れたGUIを搭載した開発ツールをAWSクラウド上で即座に利用できるため、スピード開発が実現できます。
    ※1 ご利用にあたりお客さまのAmazonアカウントを取得いただく必要があります。
    ※2 AMI ・・・ Amazon EC2 上でサーバを起動する為に必要になるイメージファイルのこと
  • 実行環境の稼働ポータビリティを確保Web Aviatorの実行環境は、AWSはもちろん、パブリッククラウド、プライベートクラウド、オンプレミスの、どこでも稼働する実行エンジンにより、それぞれの環境に構築できます。 これにより、最初はオンプレミスを選択しても、AWSや他クラウドに簡単に移行できるため、将来的なパブリッククラウドへの移行やディザスタリカバリー対応など、お客さまのクラウド利用を柔軟に支援できます。
  • モバイルファーストの実現開発ツールから、画面やロジックを直感的に定義するだけで、マルチブラウザ環境に対応したWebアプリケーションが開発できます。これにより、PCはもちろん、スマートデバイスでも稼働するモバイル用Webアプリケーションがスピーディに開発できます。

AWSを有効活用し、わずか数分でWebアプリケーション開発/稼働環境を構築

AWSに用意されている「Web Aviator AMI」を選んで、お客様の環境にインスタンスを作成するだけなので数分で環境が構築できます。 
※AMIとは「Amazon Machine Image;Amazonマシンイメージ」の略で、サーバのテンプレートです。「Web Aviator AMI」はWeb Aviatorのサーバを適切に稼動するために必要なOS、ミドルウェア、ソフトウェアがすべて一まとめになっていて、事前設定済みとなっています。

Amazonクラウドで開発。本番稼動はAmazonクラウドでも、他クラウドでも、オンプレミスでも

AWS上で開発したWebアプリケーションは、AWS上で稼働する実行環境に加え、他クラウド・オンプレミスで稼働する実行環境にデプロイ可能です。
他クラウド・オンプレミスにデプロイする場合は、管理ツールから実行情報をダウンロードし、ターゲットの実行環境に配備します。

開発ツール「Web Aviator Editor」で直感的にアプリを開発

開発ツール「Web Aviator Editor」から、「フォーム」「ロジック」「データアクセス」の「定義体」を作成するだけで、Webアプリケーションを開発できます。 「定義体」は実行エンジン「Web Aviator Player」ですぐに実行できますので、その場で単体テストを行うことができます。

デバイスにあった画面を自動判別表示

PC、タブレット、スマートフォンなど、デバイスに合った画面を自動判別で表示します。タブレットとスマートフォンではサイズの自動調整も行えます。例えば、タブレット用に作成した画面をiPadとiPad miniで表示した場合、それぞれの画面サイズに自動調整された画面が表示されます。

動画や画像を含むアプリの開発を実現

作成するアプリケーションでは、動画や画像のアップロード、ダウンロード、インライン表示ができます。動画データはAmazon S3に、画像データはDBまたはAmazon S3に格納することができます。

管理ツール「Web Aviator Admin」で実行環境へ配備

Webブラウザ上で稼働する「管理ツール」ではライセンスの登録や、開発/検証/本番それぞれの環境に対するユーザの管理、データベースの設定などが行えます。開発したアプリケーションのデプロイ(配備)や定義体のインポート/エクスポートも「管理ツール」からワンクリックで行えます。

他システムとのセキュアな双方向連携を実現

署名付きURLやRESTサービスを使って、帳票サーバなどの他サーバやオンプレミス、他クラウドなどとセキュアでシームレスな連携が実現できます。また、Amazon のストレージサービスであるAmazon S3 へのファイルアップロード及びファイルダウンロードも可能です。

利用シーン1:企業間の情報共有もスムーズに

PC、タブレット、スマートフォンに対応し、更にワークフローも構築することができるので、例えば、メールとスプレッドシートなどでやり取りを行っていた企業間/本支店間の情報共有をWebアプリケーションで容易に、安全に行うことができます。

企業間の情報共有もスムーズに

製品関連情報開く

  • Web AviatorはReady for PureSystemsに認定された仮想アプライアンス製品です。

この製品に関連するソリューション

  • アプリケーション開発基盤 マルチデバイス、マルチプラットフォーム、クラウド環境に対応した、HTML5やJAVAの自動コード作成などの高速で高品質のアプリケーション高速開発ソリューションをご提供します。