2D機能

Q テンプレート作成方法開く

作成した図枠などをテンプレートとして利用したい場合は、以下の手順でテンプレートを保存してください。

  • 1.「ファイル」メニュー→「別名で保存」をクリックします。
  • 2.以下を実施し、「保存」ボタンをクリックします。
  • 「保存する場所」はインストールフォルダ内の「Templateフォルダ」を選択(※)
  • 「ファイルの種類」は「TCT-TurboCAD Template」を選択
  • 「ファイル名」には「テンプレート名」を入力

図1 保存画面

画像を拡大する

  • 保存フォルダは製品によって異なります。
  • Professional版 C:¥Program Files¥IMSIDesign¥TCWP19¥Template
  • Standard版 C:¥Program Files¥IMSIDesign¥TCW19¥Template
  • Sketch版 C:¥Program Files¥IMSIDesign¥TS19¥Template

以上でテンプレート図面の保存は完了です。
保存したテンプレートは以下いずれかの方法で新規図面作成に利用できます。
TurboCAD起動時に表示される初期画面で左上のリストから「テンプレート」を選択すると一覧が表示されますので、保存したテンプレートを選択し「開く」ボタンをクリックします。

図2 「ファイルエクスポート」画面

画像を拡大する

TurboCAD起動後に「ファイル」メニュー→「新規作成」をクリック、表示される画面から「テンプレートから作成」をクリックするとテンプレート一覧が表示されますので、保存したテンプレートを選択し「OK」ボタンをクリックします。

図3 「テンプレートから作成」画面

Q TurboSketch v19におけるレイヤーマネージャの操作方法開く

TurboSketch v19には、上位グレードのTurboCAD Professional版ならびにTurboCAD Standard版とはインターフェースを含め一部仕様の異なる機能(レイヤーマネージャ)がございます。 導入ガイド、リファレンスマニュアルに記載されていますレイヤーマネージャの説明はProfessional版ならびにStandard版の仕様となり、TurboCAD Sketchのインタフェースとは異なりますので、レイヤーの作成および変更方法については下記の手順をご参照ください。

レイヤーを作成する

  • 1.メニューからフォーマット→レイヤーを選択します。図面設定ダイアログのレイヤープロパティが表示されます。
  • 2.[新規]ボタンをクリックします。「Layer_1」という名称で新規にレイヤーが作成されます。

図1 「図面設定」画面

画像を拡大する

  • 3.1で作成された「Layer_1」というレイヤー名をクリックすると名前の編集が可能になります。「hojyo」などの名称をキーボードから入力して、 <Enter>キーを押し、レイヤー名を変更します。
  • 4.[新規]ボタンをクリックして必要な数のレイヤーを作成し、3と同様に操作してレイヤー名を変更しておきます。
  • 5. [OK]ボタンをクリックします。

図2 「レイヤープロパティ」画面

画像を拡大する

レイヤーとはCADで効率的に作図をするための方法のひとつです。br たとえば補助線用のレイヤー、作図用のレイヤー、寸法線用のレイヤーというように、図形の分類別にレイヤーを用意しておくことで、図形の選択や表示などの操作を効率的に行えるようになります。

レイヤー名には日本語を使うことも可能ですが、他のCADとデータを交換する際に日本語では不都合が生じることもあります。 アルファベットと数字のみを使ってレイヤー名をつけることをおすすめします。

レイヤーに線種やペン色、ペン幅を設定する

  • 1.特定のレイヤー(例えば「hojyo」)に対して、赤色の一点鎖線になるようにあらかじめ設定することができます。最初に線種から設定します。
  • 2.一点鎖線を選んでクリックします。

図3 「レイヤー選択」画面

画像を拡大する

  • 3.次に色(線の色)を設定します。
  • 4.色をクリックすると、カラーパレットが表示されます。
  • 5.[赤]を選んでクリックします。

図4 「カラー設定」画面

画像を拡大する

  • 6.閉じるボタンをクリックして、画面を閉じます。

レイヤーを変更する

  • 1.各ツール(例えば、図形入力→線分/直線)をクリックします。
  • 2.画面上部にある「プロパティ」ツールバーのレイヤーのリストボックスをクリックしてレイヤー名のリストを表示させます。
  • 3.作成したレイヤー(例えば「hojyo」)をクリックして選択します。これで、これから描く線が「hojyo」レイヤーに作成されることになります。

図5 「リストボックス」画面

画像を拡大する

レイヤーの利用方法

  • 1.メニューからフォーマット→レイヤーを選択します。レイヤーマネージャが表示されます。
  • 2.レイヤー一覧でにチェックがついているレイヤーは、画面上で表示されます。現在はすべてのレイヤーにチェックがついています。
  • 3.「hojyo」と「sunpo」などのチェックをクリックしてはずします。

図6 「レイヤーマネージャ」画面

画像を拡大する

  • 4.「OK」ボタンをクリックすると、チェックを外したレイヤーは画面から消えます。

図7 「レイヤーマネージャ」画面

画像を拡大する

  • 5.レイヤーには他にも便利な機能があります。例えば、はレイヤーのロックを示しています。このチェックを付けたレイヤーはロックがかけられ、図形の編集や削除などの操作ができなくなります。これにより、うっかり必要な線や図形を消してしまうという間違いがなくなります。

図8 「レイヤーのロック」画面

画像を拡大する

Q 画面ズームアウトができなくなった
画面フィットすると図面が小さくなる、または消える開く

小さい不要なオブジェクトが離れた位置に存在し、広範囲を図面領域として認識している場合に発生する現象です。以下いずれかの方法で図面を修正してください。

不要なオブジェクトを削除する

画面にフィットするとすべてのオブジェクトを表示しますので、表示画面から不要なオブジェクトを削除してください。

必要なオブジェクトのみを選択して新規図面に貼り付ける

(不要なオブジェクトを見つけることができない場合)
 画面に表示されている必要な部分を選択コピー(「編集」メニュー→「コピー」)し、新規図面に貼り付け(「編集」メニュー→「貼り付け」)てください。
 画面にフィットができることを確認し、「別名で保存」を行ってから編集を続行してください。

Q 補助線の削除開く

補助線の削除は「編集」メニュー→「クリア」→「補助線」または「すべての補助線」で行います。
選択した補助線のみ削除する場合は「補助線」、ファイル内の全補助線を削除する場合は「すべての補助線」を実行してください。
補助線以外のオブジェクトは選択後に【Delete】キーを押すと削除できます。

Q 補助線の色変更開く

補助線の色はデフォルトで「ライトブルー」の設定になっています。補助線を任意の色に変更するには、「フォーマット」メニュー→「レイヤー」を選択後、レイヤーマネージャのレイヤー「$CONSTRUCTION」の色ボックスをクリックしてカラーパレットから任意の色を指定してください。

  • 下図上段はProfessionalおよびStandard、下段はSketchのレイヤーマネージャインタフェースです。

図1 ProfessionalおよびStandardのレイヤーマネージャインタフェース

画像を拡大する

図2 TurboSketchのレイヤーマネージャインタフェース

画像を拡大する

Q v19ならびにv2015シリーズからの範囲選択の仕様変更開く

v19ならびにv2015シリーズから範囲選択時の仕様が以下のように変更されました。

  • 左から右にドラッグ:範囲に全てが含まれるオブジェクトのみが選択されます。

図1「左から右にドラッグ」

右から左にドラッグ:範囲に少しでも含まれるオブジェクト全てが選択されます。

図2「右から左にドラッグ」

Q テキスト入力を完了するには開く

v19シリーズからテキスト入力時、キーを押してもテキスト入力を完了せず、改行して連続入力が可能となりました。 1行でテキスト入力を完了する場合は、【Shift】 + 【Enter】キー を押すか右クリック【完了】を選択してください。

Q 縦書きテキスト入力方法開く

以下の手順により縦書きテキストが作成できます。

  • 1.「挿入」メニュー→「テキスト」をクリックします。
  • 2.プロパティツールバーのフォントリストから、'@'付きの日本語フォントを選択します。

図1 「フォントリスト」

  • 3.キーボードの【Tab】キーを押して、画面左下の編集バーの角度欄に「270」と入力し【Enter】キーを押します。

図2 「編集バーの角度欄」

  • 4.図面上で、テキストを入力したい位置でクリックします。
  • 5.日本語入力システムを起動します
  • 6.テキストを入力します。

図3 「テキスト入力」

  • 7.日本語入力システムを終了します。

Q シンボルライブラリ追加・削除方法開く

対象製品/バージョン: v19シリーズ 製品

本機能に関する修正プログラムが公開されております。アップデートプログラムを適用していない方は、こちらのページからアップデートを行ってください。Windows 8 ではパレットから追加はできませんので【プログラム設定から操作する場合】を行ってください。

旧バージョンで使用していたシンボルを新バージョンで使いたい場合など、シンボルライブラリの追加は以下の手順で行ってください。

プログラム設定から操作する場合

  • 1.「オプション」メニュー→「シンボルライブラリ」をクリックしてプログラム設定画面を開き「新規」ボタンをクリックします。

  • 2.「ファイルの場所」でフォルダを指定して「開く」ボタンをクリックします。

  • 3.シンボルフォルダ一覧に指定したフォルダが追加されていることを確認して「OK」ボタンをクリックします。
  • 4.「ツール」→「パレット」→「ライブラリ」をクリックして表示するシンボルライブラリパレットでライブラリフォルダが追加されていることを確認してください。

シンボルライブラリパレットから操作する場合

Windows 8 にインストールされている方は【プログラム設定から操作する場合】を行ってください。

  • 1.「ツール」メニュー→「パレット」→「ライブラリ」をクリックしてライブラリパレットを開きます。
  • 2.「フォルダを読み込み」ボタンをクリックします。

  • 3.「ファイルの場所」でシンボルデータを保存しているフォルダを指定して「開く」ボタンをクリックします。

  • 4.ライブラリパレットにフォルダが追加されます。フォルダを開いた時にシンボルデータが表示されない場合は、右クリックして「ライブラリをリロードする」をクリックしてください。
    シンボルライブラリの削除手順は以下の通りです。

プログラム設定から操作する場合

  • 1.「オプション」メニュー→「シンボルライブラリ」をクリックしてプログラム設定画面を開きます。
  • 2.削除したいライブラリフォルダを選択して「削除」ボタンをクリックします。

  • 3.「OK」ボタンをクリックしてプログラム設定画面を閉じます。

シンボルライブラリパレットから操作する場合

  • 1.ライブラリパレットで「ライブラリをアンロード」を表示します。ボタンをクリックします。

  • 2.削除したいライブラリフォルダを選択して「削除」ボタンをクリックします。

  • 3.「OK」ボタンをクリックしてプログラム設定画面を閉じます。