ホーム > ソリューション・製品 > 基幹システム > SuperStream > FAQ > 導入検討時についてよくあるご質問

導入検討時についてよくあるご質問

Q どのような会社に向いてますか?どのような会社が使っていますか?開く

業種を問わず多くのお客様にご利用頂いてます。上場企業から非上場の企業様、シェアードサービスでご利用等まで、規模のパターンも様々です。
※2019年3月現在、上場企業累計788社がご利用になっています。

Q 導入費用について教えて下さい。開く

導入モジュールにより、ライセンス費用は異なります。
導入費用については、キヤノンITS独自の導入負荷軽減を図る、短期間の「プロトタイプ導入モデル」の提供も可能です。
別途ご相談ください。

Q 制度が変更されたり、消費税率が変更された場合は?開く

製品の保守契約を締結いただくことにより、法改正に対応した製品をご提供いたします。消費税率等は設定の追加のみで対応可能です。

Q 導入の際、他システムからの仕訳データや旧システムのデータはどうなるのですか?開く

SuperStream-NXには、データを容易に入出力できる機能がございます。それを使うことで、他システムとの連携や、旧システムからのデータ移行を実現できます。

Q 法改正時の対応について教えて下さい開く

年1回の定期バージョンアップ時に対応するか、あるいは法改正対応のプログラム(パッチ)が提供されます。
なお、給与管理システムでは年末調整時に都度対応プログラム(パッチ)が提供されます。

Q 自社要件を満たすためにはカスタマイズも発生しますか?開く

SuperStream-NXは豊富な機能を実装しており、基本的には標準機能でお客様要件を充分満たす事が可能です。ただ、どうしても固有な要件がある場合はパッケージに手を入れるカスタマイズではなく、機能を追加するアドオンという形で対応いたします。
キヤノンITSでは、自社開発の超高速開発ツール Web Performerを活用することをお勧めしています。

Q IFRSに対応していますか?開く

標準で国内基準、IFRS基準に対応しております。

Q グローバルに対応していますか?開く

統一されたシステムオペレーションで、ユーザー側では4つの言語モード(日本語、英語、中国語(簡体字・繁体字)、タイ語)を自由に切り替えて利用可能です。
また、外貨建て取引による仕訳入力から邦貨に自動換算する評価替機能も実装しています。

Q 他ユーザの情報が知りたいのですが開く

SuperStreamユーザによって構成されるユーザ会(SuperStream Users Group)がございます。本会に参加する事により、他ユーザ様との交流がはかれ、お客様に有益な情報の収集が可能です。

Q もっと詳細な説明を聞いたり、デモンストレーションを見たりしたいのですが。開く

弊社営業が訪問させていただき、詳細説明およびデモンストレーションをさせていただきます。ぜひ、サイト上段の「お問い合わせフォーム」よりお問い合わせください。
また、定期的にハンズオンセミナーを開催していますので、このセミナーでも、実際に触っていただくことが可能です。