ZIP暗号化・誤送信対策、ウイルス・スパムメール対策アプライアンス

添付ファイルのZIP暗号化、遅延配送や上長承認による誤送信対策から、ウイルス・スパムメール対策まで1台で実現することができるアプライアンス製品です。

  • 1台でスパムメール対策や誤送信対策などメールセキュリティを強化したい
  • ネットワーク構成を変えずにメールセキュリティを強化したい
  • 事業継続性を考慮した製品を導入したい
  • コストの増加が心配なので、ユーザー数無制限の製品を探している
  • 送受信メールのスパム対策、誤送信対策を1台で実現高度なフィルタリング技術でスパムメール対策における管理者によるチューニングの手間を削減。さらに「添付ファイル暗号化」「送信遅延」「上司承認」などメール誤送信を防止する機能も標準搭載しています。
  • 最小の作業工数で導入が可能ブリッジモードとプロキシモードを選択することができるため、お客さまのネットワーク構成に関わらず、最小の作業工数で導入いただくことが可能です。ブリッジモードを選択すればDNSやメールサーバーの設定を変更することなく、SPAMSNIPERを最小限の工数で導入いただくことが可能です。プロキシ対応の製品からリプレースされる場合には、プロキシモードを選択することにより、従来と同一の環境下でSPAMSNIPERを利用できます。
  • 耐障害性に優れた設計SPAMSNIPERは耐障害性に優れた独自OSを搭載しており、障害発生時も処理中の電子メールをロストさせない安全設計となっています。また、全機種バイパスカードを標準搭載しているため、万が一ハードウェアやOSの起動に障害が発生した場合もメール通信をバイパスさせることにより、電子メールを介した業務を停止させない仕組みを実現します(バイパス機能はブリッジモード選択時のみ利用可能です)。
    耐障害性に優れた設計
  • ユーザー数無制限、複数ドメイン管理で抜群のコストパフォーマンスハードウェアごとの価格体系のため、ユーザー数の増加や複数ドメインの管理に伴う追加料金が不要です。
    (VA版は利用ユーザー数に制限あり)

高精度なフィルタリング機能

SPAMSNIPERは、製品の開発元およびサードベンダーが用意する3種類の強力なデータベースを使用して巧妙化するスパムメールを排除します。シグネチャ方式の採用により、誤検知の発生率を最小化するとともに、検知精度を維持するための最適化作業も不要となります。

マルチドメイン機能

SPAMSNIPERは複数のドメインを 1台の機器で管理することが可能です。
ISP/CATV事業者さまが自社サービスにご利用いただく事も可能です。

また、ドメイン管理者、グループ管理者を設定し、それぞれの管理者が与えられた権限の範囲内でSPAMSNIPERに保存されたメールやログ、設定の管理を行うことができます。

情報漏えい・誤送信防止機能

【ファイルの暗号化】
◦添付ファイルをパスワードZIP化するため平文送信時に比べ秘匿性が向上します。
◦送信者によるパスワード生成、通知の手間が省けます。
【添付ファイルをリンク変換】
◦添付ファイルの受け渡しはSSL(暗号化)で行えるため、メールで送信する場合に比べ安全にファイルの提供が可能です。
◦受信者側のメール受信容量制限を気にせずメールを送信する事ができます。
◦送信者はいつでもダウンロードを無効にできます。
【送信遅延】
◦送信者へ通知を出す事により、送信者にメール内容の再確認を促し、誤送信を防止する事ができます。
【上司(決裁者)による承認】
◦上司(決裁者)による第三者確認・監査を行う事により、情報漏えいや誤送信を防ぐ事ができます。

その他の機能

【メールアドレス認証機能】
SPAMSNIPERのハードディスクやLDAPサーバーに登録されたユーザー情報をもとに、受信すべきメールアドレスの検査を行うことができます。
不要なメールをSPAMSNIPERであらかじめ拒否することで、内部メールサーバーの受信処理・エラー処理にかかる負荷や不要なネットワークトラフィックを抑制することができます。

モデル名 SA 1000 2000B 5000B 10000A
筐体イメージ

※1

※1

メール処理件数
(1日、推奨)
70,000 200,000 500,000 1,000,000
メール処理件数
(1日、最大)
120,000 300,000 700,000 1,500,000
メモリ 2GB 8GB 8GB 8GB
HDD 1TB 2TB 2TB 146GB×4(RAID5)
NIC 10/100/1000
×6
10/100/1000
×6
10/100/1000
×6
10/100/1000
×6
バイパスカード 搭載 搭載 搭載 搭載
サイズ(W×D×H) 438×225×44 mm 443×292×44.5 mm 443×292×44.5 mm 443×680×86 mm
重量 4Kg 5Kg 5Kg 26Kg
消費電力 60(W) 200(W) 200(W) 750(W)
  • ※1 筐体写真は旧モデルです。

高性能で使いやすい管理画面

統計管理

  • 全体統計:Inbound/Outbound別状況、正常/スパム/ウイルス状況、日/週/月別状況
  • 遮断統計:遮断フィルタ、ウイルス、拒否、IP状況
  • ユーザー統計:送信者、受信者、ドメイン、グループ別遮断状況

メール管理

  • 送受信メールをリアルタイム検索
  • 件名、送受信者、IPアドレス、フィルタなどの多様な条件検索
  • 正常/スパム/ウイルス/拒否メールをリアルタイム監視
  • 送信メールに関する規制管理

フィルタ管理

  • 全ての権限フィルタ管理:
  • 全ての権限フィルタ管理:全体/ドメイン/グループ/個人フィルタのすべてが管理可能
  • 送受信メールのフィルタを個別制御
  • 遮断フィルタ、許可フィルタを個別管理

ユーザー管理

  • ユーザー追加/削除、グループ/ドメイン追加/削除
  • 個人/グループ/ドメイン別ポリシー設定が可能

環境設定

  • システム設定
  • フィルタリング設定 など

システム状況

・ネットワーク使用率/システムリソース/ディスク使用率状況の確認が可能

スパムレポート

・ユーザーへのスパムレポート送信機能

マルチドメイン設定

・ドメイン別、詳細設定(メール設定、フィルタリング設定、ロギングポリシー、認証ポリシーなど)

メールによるエンドユーザーへのスパム通知

定期的に隔離したメールのサマリ(時刻、区分、タイトル、送信者、フィルタ理由情報)をエンドユーザーへ通知することが可能です。

  • タイトルをクリックすると、隔離メールの内容を確認することが可能です。
  • [復旧]項目を押すと、エンドユーザーへ該当メールが即座に配送されます。
  • [許可]項目を押すと、送信者が許可リスト(エンドユーザー用のホワイトリスト)に登録されます。
Anti-Spam DOS防御(Server)
DOS防御(self)
RBL/SPF
フィッシング遮断
添付ファイル(ファイル名)
A/Sエンジン SSPE(SPAMSNIPER Spam Protection Engine)、
CYREN RPD
Anti-Virus A/Vエンジン CYREN AV Engine
Zero-Day Attack対応
Outbound 内部情報漏洩防止機能
(DLP統制 Data Loss Prevention)
Relay サポート範囲 IP、Domain、SMTP AUTH
セキュア送信 SMTPSSL、STARTTLS
システム マルチドメイン ○(1000ドメインまで)
マルチサーバー
多国語UI 日本語、英語
グループおよびパターン管理 システム全体
階層別遮断ポリシー ドメイン別、グループ別、個人別
方向別遮断ポリシー
(Inbound/Outbound)
ネットワーク構成 ブリッジモード
プロキシモード
運用モード 統計モード
遮断モード
タグ付けモード
イン/アウト同時統制 (※1)
運用環境 メールクライアント情報 変更なし
メールサーバー情報 変更なし(※2)
サービス ASPサービス構成
  • (※1) プロキシモード構成時:メールサーバーの設定変更が必要
  • (※2) プロキシモード構成時:Outbound統制を使用する場合、メールサーバーの設定変更が必要

仮想インフラ

VMware VMware ESX / ESXi6 / 5
VMware Server
Vmware Workstation
Citrix XenServer 5.5以上

ハードウェア推奨要件

項目 デフォルト 最小 推奨
CPUs

4CPU

1CPU

1-50ユーザー:1CPU
50-2,000ユーザー:2CPU
2,001ユーザー以上:4CPU以上

メモリー

2GB

4GB

~500ユーザー:2GB
501~2,000ユーザー:4GB
2,001ユーザー以上:8GB以上

ディスク領域

160GB
(160GBを超えて保存する場合は、LVMを利用して拡張できます。)

NIC

1

1

1個の仮想NICを使用

  • 上記ハードウェアスペックは、Virtual Machineのリソースになります。