QND Advanceは、クライアントPCの管理やセキュリティ統制など、統合IT資産管理ツールとして必要な機能を備えたオールインワンパッケージです。

クライアントPCなどのIT資産情報を把握し、不適切な端末を社内LANへ接続させない為のセキュリティ統制を実施したり、複雑なソフトウェアライセンスも正確かつ容易に管理することができます。
また、操作ログ取得ソフトとの統合により、QNDによる操作ログの取得・管理が可能となっただけでなく、ISM CloudOneと連携することで、スマートデバイスを含む国内外のあらゆるクライアント端末を管理することができるなど、あらゆるデバイスや環境に対応した総合的なIT資産管理が実現できます。

  • IT資産管理を効率よく行いたい
  • ソフトウェア資産管理(SAM)を行いたい
  • 情報漏えい対策を行いたい
  • マルチデバイスを一元管理マルチデバイスセキュリティ管理ツール「ISM CloudOne」との連携で、社員のスマートデバイス・インターネットにのみ接続されているPC情報をQNDで一括管理できます。 ※別途「ISM CloudOne」が必要となります。
  • 複雑なライセンス形態も正確に管理 ※QND Advanceのみ2種類の辞書により、アップグレード/ダウングレード/プリインストールライセンス等、複雑なライセンス形態の管理にも対応できます。
  • クライアント操作ログ取得で、不正行為をすばやく発見 ※QND AdvanceのみQND管理画面のお知らせバーに、直近のアラートやアラート一覧を表示。不正行為と判断した際には管理画面より是正操作をすばやく行う事ができます。
  • 外部メディア制御機能でファイル持ち出しを禁止 ※QND Advanceのみスマホ・デジカメにも対応した外部メディア制御機能で、USBメモリ等を介した情報漏えいを未然に防ぎます。

IT資産管理基本機能

QNDは、クライアントPCにおける各種インベントリ情報の収集やファイル配布、管理台帳の作成までを簡単に行うことができ、社内に存在している多くのクライアントPCを漏れなく把握。自社で保有しているPC全体の「ライフサイクルマネジメント」を正確に行えます。
また、リモートコントロール機能により、遠隔地にあるクライアントPCの操作が可能。現地に出向くことなく、障害対応が迅速に行えます。

USBメディア管理機能 ※Advanceのみ

QNDコンソールからUSBメディアをあらかじめ登録することで、USBメディアの棚卸や、登録したメディアのみ使用を許可する設定が可能。
未知のデバイスを禁止し、セキュアなUSBメモリのみ使用可能にすることで、USB経由の情報漏洩やウイルス感染を防ぐことができます。
管理USBメディアの登録は、コンソールを動かしているPCに管理対象としたいUSBメディアを差し込むだけで完了します。

ソフトウェア資産管理機能 ※Advanceのみ

QNDは、収集したインベントリ情報に対し、2つの辞書を使用することでソフトウェアの情報を自動的に判断と多種多様なライセンス体系の紐付けを行います。
使用しているソフトウェアのライセンス体系を正しく把握することで、余剰ライセンスをなくし、ライセンスコストを削減することができます。

マルチデバイス対応

ISM CloudOneとの連携により、スマートデバイス・PCの情報もQND側で一元管理が可能

製品関連情報開く

この製品に関連するソリューション

  • セキュリティ ネットワークからエンドポイントまで包括的なセキュリティソリューションをご提案

この製品に関連する製品

  • QGG 機密情報/個人情報を集めて、移して、守る QGG
  • ISM CloudOne PC、スマートデバイス等オフィスのIT機器を「ISM CloudOne」で一元管理!