ホーム > ソリューション・製品 > セキュリティ > クラウド型マルチデバイス管理 ISM CloudOne

PC、スマートデバイス等オフィスのIT機器を「ISM CloudOne」で一元管理!

スマートフォンや仮想化環境…オフィスでの多種多様なIT機器の利用により、IT資産管理の対象は拡大しています。ISM CloudOneはPC(Windows/Mac)、スマートデバイス(Android/iOS/Windowsタブレット)はもちろん、仮想化環境やプリンター(MFP/LP)も同一コンソールで一元管理できるマルチデバイス管理ツールです。

マルチデバイス/マルチネットワーク対応

マルチデバイス/マルチネットワーク対応

  • 社内PC、スマートデバイス、タブレット端末の一元管理を行いたい
  • 導入コストや運用管理コストを削減しながら、安心・安全なPC/スマートデバイスのセキュリティ維持・管理を行いたい
  • 専任の担当者がいないので、出来るだけ簡単にセキュリティ対策を行いたい
  • マルチデバイス/マルチネットワーク対応PCやスマートデバイスはもちろん、仮想化環境、プリンター/複合機や海外の端末まで、社内外のあらゆる端末をインターネット経由で管理することができます。
    Windowsタブレットに対するリモートロック・ファイル削除等のMDM機能も搭載しております。
  • かんたん操作で手間なく管理ISM CloudOneは、普段忙しい情報システム担当者に代わってセキュリティ対策と資産管理を実施します。
    収集した情報から社内のセキュリティ状態を自動的に診断し、セキュリティレベルをゲージで表示します。日々の管理作業はコンソールのセキュリティレベルを確認するだけです。
  • VDI(仮想化)環境対応ISM CloudOne for VDIは、仮想化(VDI)環境の管理に対応。物理PCと仮想PCの混在環境であっても、まとめて一元管理することができます。
    また、仮想化環境のパフォーマンス監視機能を搭載しており、各マシンへのリソース最適化を支援します。
  • グローバル環境対応PCとスマートデバイスともに日中英の3ヶ国語に対応しています。
    また、通信キャリアやAndroid OSに依存しない独自のデータ通信方式を採用しており、中国のグレートファイアウォール内にあるスマートデバイスも、国内と同様に管理可能です。
  • QND連携PCやスマートデバイスはもちろん、仮想化環境、プリンター/複合機や海外の端末まで、社内外のあらゆる端末をインターネット経由で管理することができます。
    Windowsタブレットに対するリモートロック・ファイル削除等のMDM機能も搭載しております。

ハードウェア/ソフトウェア台帳

PC(Windows/Mac)やスマートデバイス(Android/iOS)より取得したインベントリ情報を元に台帳を作成します。データのCSVエクスポートも可能です。

ライセンス管理台帳/レポート

Microsoft OfficeやAdobe製品の管理台帳機能を搭載。インストール状況等の詳細を確認することができます。残りライセンス数に関しては、色別でわかりやすく表示します。

リース/レンタル管理

クライアントPCにリース/レンタル契約情報を紐付けて管理することで、どの契約でリース・レンタルしている機材が、いつどれだけの数、期限切れになるのかをISM CloduOneで把握でき、契約の延長や返却等の確認を正確に行えます。リース・レンタル契約管理機能として、月次での棚卸しやリースアップ前にユーザ/管理者への事前通知も可能です。

グループ管理

グループ全体の各企業を管理するグループ企業管理者や、企業の各部門を管理するグループ管理者など4階層の管理者の設定が可能です。社内の各部門のグループ管理者に管理者コンソールと権限を与え、そのグループ単位でのIT資産管理、セキュリティ管理が可能です。

アンケート収集

ユーザからアンケート形式で任意の情報を収集できます。収集した情報は各クライアントのインベントリ情報に登録されます。

Windows Update更新支援

WindowsやOffice製品などのセキュリティパッチの更新設定を常に自動に保ち、各PCの適応状況を確認できます。また、管理者側でWindows Updateを実行することも可能です。

自動セキュリティ診断

毎日自動更新される「セキュリティ辞書」と実際の状況を突き合わせ、社内のセキュリティレベルを自動で診断します。
インベントリ情報を条件にした診断項目の作成や、辞書による診断の除外設定も可能ですので、社内の運用に合わせた独自の脆弱性診断を行うことができます。

診断結果の確認と是正アクション

脆弱性診断の結果をユーザー側で確認することができます。
ユーザーはNG項目をひと目で把握できるほか、管理者側であらかじめ是正アクションを設定しておくことで、ボタンひとつで是正操作を実行することができます。

セキュリティ状況サマリレポート

Windowsセキュリティパッチ未適用のPCや、各PCの未適用パッチの種類を自動でレポートします。また、ウイルス対策ソフトのインストール状況や、パターンファイルの更新状況の診断が可能です。

禁止ソフトウェア検出・起動制御

禁止ソフトウェア検出・起動制御

社内ポリシで使用を認めていないソフトウェアのインストール状況の把握と、利用禁止ソフトウェアをユーザが起動させようとした場合の起動制御が可能です。

セキュリティアラートメール

1日1回、登録メールアドレス宛てに社内PCのセキュリティ概要アラートメールを自動送信できます。

外部メディア利用制限(オプション機能)

PCからUSBメモリ等の外部記憶メディア、USB接続したスマートフォン・デジタルカメラ等に対してデータの書き出しと読み込みを制御できます。管理者側で個人やグループ別に利用権限を設定できるほか、社員からの申請~管理者の承認、承認結果の通知、外部メディア接続/取出し履歴の取得までの一連の作業を単体で実現しており、情報漏えい対策としての外部メディアの利用制限の導入と運用を簡単に実施できます。(※申請・承認フローはポータブルデバイスは対象外)

ユーザー操作ログ取得(オプション機能)

クライアントPCの様々な操作を「誰が」「いつ」「どのように」行ったかをログとして収集します。
第1弾として実装した操作ログ種別は大きく分けて5つ。情報漏えいリスクの高い外部メディアに対する操作、WEBメール送信のログなどを収集します。
禁止操作時には、重要度に応じてスクリーンショットを撮る、ユーザーにアラートを通知する等の設定ができます。

URLフィルタリング(オプション機能)

ISM CloudOneは、クラウド型のURLフィルタリング機能「URL Filtering powered by InterSafe」を搭載。インターネットの通信を監視し、不正サイトや危険なサーバーとの通信を禁止します。

製品関連情報開く

この製品に関連するソリューション

  • セキュリティ 優れたセキュリティ製品にコンサル、構築、ソリューション提案などの付加価値をつけて

この製品に関連する製品

ホーム > ソリューション・製品 > セキュリティ > クラウド型マルチデバイス管理 ISM CloudOne