簡単・安心・高品質なペーパーレス会議システム

簡単な操作、高セキュリティ、会議資料のペーパーレス化によるコスト削減や業務効率化を実現するペーパーレス会議システム

モバイル会議3は、サーバー上のデータ(資料)を複数の端末(iPad/Windows端末)で、画面同期して共有するペーパーレス会議システムです。
会議資料はサーバーに保管され、会議中だけ端末側に読み込まれるので、高いセキュリティの環境でご活用いただけます。
※iPadユーザーはモバイル会議Ⅱアプリを使用しての会議参加となります。

モバイル会議3とは?

モバイル会議3の仕組み(組込みタイプ例)

  • 会議のたびに、大量の印刷物が発生している
  • 会議で使用する機密資料の管理を強化したい
  • 資料の差替えや会議後の資料管理などの会議運営側の業務効率をはかりたい
  • 会議に集中して質を高めたい
  • 誰もが使えるシンプルな操作性初心者でもiPadに不慣れな方でもその場で直観的に操作することができます。さらに、紙媒体と同様の感覚で資料を参照できるため従来と同様のイメージで会議が進行できます。
  • 高いセキュリティ性資料を配布する必要がなくなるため、資料の置き忘れや紛失による情報漏洩のリスクを防ぐことができます。
    また、閲覧した資料は会議終了後に自動削除(※)されますので、高セキュリティ環境が実現できます。
    ※モバイル会議Ⅱのみ
  • 業務効率性とコスト削減資料の電子化によって、紙資料の廃止を実現し、会議資料の登録、配信を簡単に、リアルタイムに行えることで、事務局の事前準備、手間と会議コストを削減します。

端末間の画面同期機能のイメージ

端末間の画面同期機能

参加者は自由に資料を閲覧することが可能ですが、議長がページを変更すると参加者の画面も強制的に同期をさせることが可能です。画面を同期させない非同期状態にすることも可能です。
また、議長はホスト/ゲストの権限の切替が可能です。複数でホストの参加も可能なため、会議中でも議長の交代もできます。

会議資料への書き込み機能のイメージ

会議資料への書き込み機能

表示資料に対し手書きメモの追加や編集、ラインマーカーの追加が可能です。メモを追加した資料は端末内のマイドキュメントフォルダへの保存が可能です。さらに、メモ機能やマイドキュメントフォルダへの保存については資料ごとに利用制限が可能ですので、機密資料等はメモやマイドキュメントへの保存をさせないとの制御も可能です。

サムネイル機能、ブックマーク絞り込み機能のイメージ

サムネイル機能やブックマークによる絞りこみ機能

資料のサムネイル表示が可能です。また、各ページにブックマークすることが可能です。ブックマークしたページのみ表示することも可能です。また、ハイパーリンク機能(※)による特定のページに遷移するような設定をすることも可能です。
※iPad端末のみ対応

メモ保存機能のイメージ

メモ保存/取り出し機能

メモを含めたドキュメントは、端末のマイドキュメントフォルダへの保存か可能です。
保存ファイル取り出し機能(※)により、保存した資料をサーバーから取得することが可能です。
※Windows端末のみ対応
保存機能については、システム全体またはファイル単位での使用可否の制御が可能です。

サムネイル機能、ブックマーク絞り込み機能のイメージ

資料の自動消去機能

会議室からログアウトすることにより、参照していた資料データは完全削除されます。※iPad端末のみ対応
また、サーバーに格納している資料も保存期間の設定が各資料ごとに可能です。保存期間を過ぎた時点で資料は自動に消去されます。

利用シーン1:キヤノンMJ ITグループ 導入事例

【同一拠点内でのモバイル会議】 Wi-Fiによる簡単高速接続とセキュアな対応を実現

合計3部屋の役員会議室に無線LANを配備し、70台同時アクセス可能な環境を構築しました。
また、会議が終了すると資料のデータをiPadから自動消去するセキュリティー機能を活かし本社ビルに入居しているグループ会社8社で共有できる設計になっています。

【導入効果】

資料配布の手間を軽減させ、プロジェクタースクリーンの見づらさを解消するため、また先進的なツールの積極活用による会議運営効率の最大化を目的に本システムを検討しました。

① 会議体準備業務の軽減

従来に比べると会議事務局側の準備業務が大幅に軽減されました。特に紙での配布資料もなくなり、当日の資料の差し替えも柔軟に対応が出来るようになりました。(会議開始5分前に資料の差し替えを行った例もあります)
会議終了後は、ワゴン型の収納キャビネットでiPadの集中管理と一括充電ができ、スマートな本体管理が可能です。

② 会議の円滑な進行・資料閲覧性の向上

画面がきれいなので資料の閲覧性が向上しました。細かい文字も拡大でき役員には特に好評です。
また、進行役が全員のiPadに対して投影する資料を強制的に同期できるので、操作が初めての出席者でも問題ありません。

③ 今後の拡張性

今後は遠隔地からの会議体参加も可能な環境を構想。

モバイル会議システムを導入した会議室、端末の電源充電、アクセスポイントルータの各イメージ

ScanFront330

キヤノンの「ScanFront330」と連携し、印刷物などを会議資料としてリアルタイムに取込ことを実現

資料を高速スキャンしPDF化、ネットワーク経由でモバイル会議サーバーに登録が出来ます。
会議中に持ち込まれた持ち込み資料や印刷物を会議資料としてリアルタイムに取り込むことが可能です。

資料を高速スキャンしPDF化、ネットワーク経由でモバイル会議サーバーに登録が出来ます

モバイル会議3 1,580,000円(税別)~
  • 上記金額はサーバー本体、サーバー導入作業、保守が含まれております
  • 上金額には端末本体、無線LAN機材は含まれておりません

製品関連情報開く

この製品に関連するソリューション

  • スマートデバイス スマートデバイスを活用し、ペーパーレスによるコスト削減や業務効率向上などを実現するソリューション