前処理をボード上のFPGAで実行することで、高速処理を実現する高機能ビジョンプロセッサ

MatroxRadientは、フィルタ処理・ゲインオフセット・ベイヤ変換・カラー変換などの前処理をボード上のFPGA(Altera Stratix III)で実行することで高速処理を実現させた高機能フレームグラバです。PCI-Express(×8)の大容量転送インターフェースにより、Base規格で4Chまで、Medium/Full規格で2Chまでの複数台同時取込みが可能となっています。

  • 画像処理構築に課題を抱える技術者の方
  • Altera Stratix IIIを用いたFPGA処理による高速化Altera Stratix IIIを搭載したカメラリンク対応の高性能処理ボードです。
  • 最大でBase規格4chまで、またはMedium/Full規格2Chまで拡張可能なカメラリンク対応
  • PCIe(×8)カード
  • ピクセルクロック最大85MHzまで対応
  • PoCL(パワーオーバーカメラリンク)対応(Dual Base / Quad Baseタイプ)
  • ミニカメラリンク規格
  • 2GB のオンボードメモリ

製品関連情報開く

この製品に関連する製品

  • MatroxRadient Pro CL Altera Stratix V FPGAを搭載したBase規格2CH、Medium/Full規格1CHまで同時取り込み可能な高性能ボード